傷寒論 金匱要略に用いられている薬物・薬能

Pocket

傷寒論 金匱要略に用いられる薬物、薬能一覧

…あ行

阿膠 甘微温 血剤 鬱血性の出血、粘膜の爛れを治す、補肺潤燥、滋陰補血

茵蔯蒿 苦平 血剤 脾気巡らざるに因る穀疸の黄、血中の湿熱を尿で利す。

葦茎 甘寒 血剤 胸中の膿を除く。

いずい葳蕤 甘平 脾胃剤 あまどころの根 胃気の虚を補う。
強壮薬(虚弱体質の口渇、咳嗽、発熱自汗、多汗、多尿、遺精)

茴香 辛平 気剤 上熱下寒し裏気不通するに胃気を援ける

雄黄 苦平 鶏冠石「硫化砒素」殺虫剤、悪瘡、陽毒の病 湿熱を払う、陰虚熱に禁忌

雲母 甘平 水剤 白雲石「硅酸アルミニウム、カリウム」胃酸の吸着剤、心悸、痙疾、
痢疾 中を補い陽気を通じる

鬱金 辛寒 血剤 カタル性黄疸、利胆剤、血熱を冷まし陽気を下す。血熱性の出血

禹余糧 甘平 酸化鉄の粘土 陽明経血分に入る、収斂止血。水酸化鉄の特殊な状態

烏頭 辛熱 附子に比べ深部の冷え。

烏梅 酸平 血を潤す「流動性を高める」整腸作用、蚘虫を除く。

烏扇 (射干)

鉛丹 辛微寒 過酸化鉛、血熱を除き逆気を下し驚を鎮む。

王不留行 苦平 ふしぐろ「撫子の類」どうかん草 黒焼きで用いる 金瘡、止血、
棘抜き。

黄土 辛微温 べつ中黄土「伏龍肝」かまどの中心の焼けた土、かまどの縁上部の焼け
た土、中国黄土地帯の赤土、鬱血を散らし出血を止める。
黄連 苦寒 心熱を除く

黄檗 苦寒 下焦の湿熱を去る

黄芩 苦寒 上焦 肺の血熱を去る

黄耆 甘微温 補陽固表「血中の陰を補い」、 ベタベタ「陽弱」カサカサ「陰弱」

遠志 苦温 水劑 痰胸膈を塞ぎ発散出来ない、胸膈から熱を噴出している。散鬱化痰、咳嗽多痰

…か行

葛根 甘平 脾を補い肌肉を潤し表熱の鬱滞を去る 陽明経筋の拘攣を緩める

芥子 辛温 発散を援けて腫を消す

夏枯草 辛寒 (血剤)瘰癧、リンパ腫、消炎利尿

甘草 甘平 脾を補い滋潤する 多過ぎると脾気旺し腎気制せらる…むくみ
4両(常用2両)、大棗を併用の場合は炙して用いる。(苦味に依り心火を抑える)
裏虚を補う、急迫症状(疼痛気逆心悸四肢拘急咽痛)、厥冷(肺の陽気を益す)

栝楼根 苦寒  生津止渇、津液を巡らし陰虚熱を涼す…腎水巡らざる渇きに用いる

栝樓仁 苦寒 きからす瓜の種子 肺を潤し痰を除く、潤燥滑腸 「脂肪油」潤を主に

甘李根白皮 甘寒 すももの根の甘皮 脾陰を援け胸膈を潤し心煩を去る、奔豚気を
却く、葛根と対比

滑石 甘寒 硅酸アルミニウム 白陶土 消炎性利尿 尿道熱で小便が出ない
臍下堅急小便赤渋
海藻 苦寒 ほんだわら 悪性腫瘤、湿熱の鬱滞、腫を消し水を下す、頚下核

海金砂 甘寒 利水通淋、清熱尿路感染

寒水石 辛寒 陰不足に因る熱の鬱滞に用いる

瓜子 甘寒 とうがんの種子、熱痰利水 瘀血に近い膿。冬瓜子参照

瓜瓣 甘寒血剤 「まくわ瓜の種子」「冬瓜子の種子」肺を清し腸を潤し裏気を通じる

乾漆 辛温 血 陰虚血熱の乾血、血枯腹痛、凝血を防ぐ(保湿)

甘遂 苦寒 ナツトウダイの根 留飲(組織、組織間の停水)利水と瀉下 鬱血
性(門脈系)の停水を尿利、瀉下で去る。

乾姜 辛温 中焦を温め腎を援ける、脾寒、胃陽不足、少陰下利27条参照

款冬花 辛温 表の桂枝に似る、肺気を補う肺の発散を援ける 潤肺止咳

艾 苦微温 鬱血性の出血、チビチビ漏れる出血

薤白 辛温 胸痛、肺気の滞りを散ずる。

莪朮 辛平 血剤 茗荷科 三稜と用いて消積散瘀の効あり

枳実 苦寒 結熱を散ずる。

橘皮 辛温 膈気を理し噦、嘔逆 表の桂枝に対し膈膜の気を援ける。「上下の気を
調える。逆気を下す 理気、健脾、燥湿化痰 蜜柑の皮
葵子 甘寒 ふゆ葵の種子 妊娠中圧迫に因って尿が出難く成った者、尿道の通りを
よくする
杏仁 甘温 粘膜の熱、炎症性の浮腫

羌活 苦平 関節痛、風湿相搏、当帰と川の間  血虚血熱に因る痛み

きょうろう蜣螂 鹹寒 (くそ虫の干物)小児驚癇(ひきつけ)血を潤し血熱を冷ます

瞿麦 苦寒 河原撫子の種子 関格諸瘤結 消炎利尿、血淋に特効

苦参 苦寒 クララの根 爛れを治し湿熱を利尿して去る

苦楝子 苦寒 湿熱の鬱結を導く上下部の腹痛

枸杞子 苦微寒 水 虚労(強壮薬、肝腎を滋補、血糖降下)腎を滋し陰を巡らす

荊芥 辛温 風熱の鬱滞を去る

鶏屎白 鹹微寒 水剤 膀胱筋の攣急を去り治尿不利遺溺、消渇、転筋、遺溺。石淋

鶏子黄 甘平 脾胃剤 脾気を補う、滋陰潤燥、熱瘡癇痙熱。コロイド浸透圧の調整
心煩、
芫花 辛温 沈丁花科の藤もどき 大腸の水を下す(懸飲…水滯による結胸類症)
上気喘呼吸困難
桂枝 辛温 衛気を援けて蒸泄し熱を去る 表虚、汗を発散させる

玄参 鹹微寒(水剤) 滋陰降火(腎陰傷)ごまのは草科(温病)咽喉炎

牽午子 辛温 朝顔の種子「ファルビチン」水瀉性下利で水と大便を抜く

香豉 甘寒 脾陰を援け体液を益する。消化を援ける。

五味子 酸温 水気を巡らし肺気を斂める…噴き出しを静める「外気を入れない」肺胞
の水腫 肺寒に乾姜を併用。粘膜の浮腫を去る(組織の水が血中に戻れない)

粳米 甘微寒 燥を潤し急を緩める

厚朴 苦温 気の滞りを開いて裡に籠った熱気を散らす 気を散らす

香附子 甘微寒 気 鬱熱を散らす 気鬱氣極まって炎症を帯びた状態 胃痛月経痛神経症

呉茱萸 辛温 胃気を援け逆を下す、蜀椒に似るが之は上逆を静める

午蒡子 辛平 膿を除く、

牛膝(川) 苦平 腰脚関節の疼痛

藁本(辛温)せり科和藁本は藪人参風熱頭痛(太陽経風薬)

…さ行

柴胡 苦平 胸脇の熱の鬱滞を裏気を和し発表する。裡和発表

細辛 辛温  少陰経薬  下の陳寒を除く(金匱湿22条参照)

山梔子 苦寒 茵陳蒿は湿熱を去り之れは血分の熱を冷ます、鬱金に近
く脂肪を溶かす、目に良い、利胆、血中ビリルビン上昇抑制
胸膈の熱に伴う血熱を去り裏気を通じる。
酸棗仁 酸平 炒り用いる 肝熱血熱、驚悸健忘、少津口乾、体虚多汗、強壮鎮静

山茱萸 酸平 腎陽を益し「陰」下焦を締める 陰萎、遺精、多尿 水の滲出を止める

山豆根 苦寒 豆科 咽喉腫痛、抗腫瘍薬 5g-9g煎服

三稜 苦平血剤みくり科4.5g-9g煎服 癥瘕積聚 破血 一切気血の凝滞

三七人参 苦寒血剤うこぎ科 止血消炎肝炎(急性慢性狭心症血熱)

升麻 苦微寒 陽明経脈の熱鬱を除く 咽喉痛、麻疹、痔痛、爛れ

芍薬 苦平 水剤 腸管の停水を去り胃気を通じる、湿は朮より多く胃熱の滞り
も大。         (脾湿を苦しむは苦味で燥す)
紫参 苦寒 はるとらの尾の根、玄参アントラヒノン、タンニン質が多い、心下の鬱熱 性の瘀滞を去る、心腹の積聚、九竅を通じ大小便を利す 沢漆湯、紫参湯。

小麦 甘寒 煩を除く

新絳 苦寒 茜草で染めた絹糸、血熱を去り血行を調える

柿蔕 苦温 中を温め気を下す。嘔逆噫気。

朮 苦温 胃の湿熱を去り陽気を巡らし湿を去る  陽気巡らず湿を生じた者

蜀椒 辛温 腹中を温め痛みを除く

生姜 辛温 嘔吐を鎮める

椒目 辛平 山椒の黒色の種子 腹中の水を去る、久水を行し胃気を通じる。

梓白皮 苦寒 キササゲの根皮或いは樹皮の内皮「白色」皮中の湿熱血に迫るを治す、    清熱解毒、黄疸、皮膚騷痒、入陽明経少陽胆経
辛夷 辛温 気劑 蓄膿症の鼻詰り、上焦の気をはらす、

縮砂 辛温 気 胃腸機能を高める

紫苑 苦温 実熱の粘痰、炎症を去り痰を除く。

紫石英 甘温 (紫水晶)肝血不足 血寒を温める 不孕

紫葳 酸微寒 のうぜんかつらの花 血熱を冷まし血を通ず

戎塩 鹹寒「綱目」塩分不足の胃内停水 血中に水を入れる、小便不利

縮砂 辛温 気剤 胃腸機能を高める

秦皮 苦寒 清熱燥湿「血熱を冷まし」爛れを収斂する。

商陸 辛平 利水、水腫

車前子 甘寒 水剤 消炎利尿

辛夷 辛温 気 氣を晴らす、蓄膿症の詰り
蛇床子 苦平血剤 陰中の鬱血を巡らし腫痛騷痒を愈す、催淫、媚薬に用いる

地骨皮 苦微寒 血 陰虚熱 肺中の伏火を降す、陰虚労熱

赤石脂 酸平 第二酸化鉄を含むカオリン 収斂、肉芽形成促進作用

赤小豆 甘平 水劑脾気を巡らし、消腫利水、穀類でははと麦、豆では赤小豆

赤硝 (芒硝)

石葦 苦平 ひとつばの全草裏面の毛を去り用いる 血中の体液を補い利小便清労熱

蜀漆 辛温気剤 胸脇の結熱、吐剤 常山の幼苗葉部

常山 苦寒血剤 常山あじさいの木部 痰を吐し瘧を載る(火邪驚狂)

人尿 鹹寒 熱を冷まし津液を通じる

石膏 辛寒 表熱の鬱滞を和し発散させる。

旋覆花 鹹温 脾陰の結を挫き裏気を通じる、胃気塞がり堅く成っているのを軟かくす

蝉蛻 蝉退 甘寒気剤 小兒の驚疳頭風眩暈皮膚の瘙痒症

前胡 苦微寒 胃弱の胸脇苦滿、心下痞硬、固まった痰に用いる

川芎 辛温 鬱血を散らす、

川骨(こおほね)アルカロイド 甘寒血剤 牡丹桃仁より浅い瘀血 浮腫

蠐螬 鹹温 翳障殊に左目、胸腹の出血血

青礞石(点紋緑泥石)甘鹹平 FeMgAlなどのSiO3塩を含む 去痰

皀莢 辛温 サポニン 痰の詰まりを除き肺気の鬱を通じる、咳上気。
葱白 辛温 陽気を通じる、通陽発表

蒴雚「そくず」細葉 苦寒 くさにわとこの葉 陰虚熱を冷ます、陰を潤し骨間の諸痺
膝痛を治す
鼠婦 酸温 はね虫の干物 経水を利す 下焦の血流の鬱滞を去る

桑東南根白皮 甘寒 津液を益し熱を冷ます

蘇木(蘇方木豆科高木) 収斂止血

…た行

大黄 苦寒 胃を潤し熱を去る 大便を利する

沢瀉 甘寒 停水を除き胃気を通じ水を巡らす。

沢漆 苦微寒 とうだい草 小便を利し咳を止める、小便不利に因る浮腫み肺熱の滞り。               (胃内の熱水滞)
大戟 苦寒 タカトウダイ アントラヒノン誘導体 腹水、腸管の熱水「熱を塞ぐ水」   尿利、瀉下して熱水を去り裏気を通じる。
大腹皮 辛温 脾胃の機能を高めて消化管の停水を除く 脾胃の機能低下に因る停水
水腫脚気
大麦 鹹温 血を潤す

代赭石 苦寒 第二酸化鉄、赤鉄鉱  心肝の血熱 粘膜の炎症、止血、便血

獺肝 甘温 脾気を補い虚熱を去る

猪苓 甘平 膀胱を潤し尿を利す

知母 苦寒 涼熱止渇 骨蒸熱、腎水を巡らし血分の熱を冷ます

地膚子 苦寒 淋を通じ尿を利す。アカザ科のホウキギ

地黄 甘寒 脾を補い胃気を通じ血を滋す(血液浸透圧を調和させる)、

地竜 鹹寒 高熱痙攣、(半身不随に加当帰川芎)(リュウマチに加川烏天南星)

蜘蛛 微寒 種類は寺田幸門金匱参照 入厥陰肝経 陰狐疝気 脱肛 熬し焦し用い

猪膏 甘微寒 潤燥 津枯血燥の大便難、

猪膚 甘寒 潤燥清熱 血熱を冷まし粘膜を潤す、傷を補い中を調える

猪胆汁 苦寒 津液内竭

丁字 辛温 脾寒 胃を温める

釣藤鈎 苦微寒 血剤 頭内の血管拡張 降圧 胃気弱熱気の上衝による血を散らす

竹葉 苦平 はちくの葉 肺熱による咳逆を治す

竹茹 苦微寒 肺熱胃虚し噦、嘔 心煩 咳するに用いる

陳皮 辛温気剤 脾気を援ける

葶藶子 辛寒 熱痰を去り表裏を通じる 肺、腸管の熱水を尿利、瀉下して除く
下水、疎肺壅(浅田) 膈上の痰飲(宇津木昆台)
天門冬 苦平 麦門冬より虚熱が強い

天麻 辛平気剤 気鬱に用いる、肝虚不足に天麻川窮を用いる(頭暈目眩、風熱頭痛)

獨活 苦平 血剤 湿痺疼痛 当帰と川窮の間 血虚血熱に因る痛み

土瓜根 苦寒 王瓜根 からすうり 栝樓根と苦味質に相違、より苦く血熱性の
膿…血膿…を除く
当帰 甘温 補血 肉芽形成の促進

杜仲 辛平 気 筋骨を強くする、脾陽を補い腎を益する
冬葵子 甘寒 「葵子」尿の通りを良くする、尿道閉に因る小便不利。

燈心草 甘寒 「イグサ茎中の髓」治淋 永く滞った水を利す

土茯苓 甘平水剤 山帰来(さるとりいばら)排膿解毒 解凝性変質利尿剤で梅毒に用いる陽明経

冬虫夏草 甘平(温)バッカクキン科 肺腎を益す、虚労咳血

冬瓜子 甘寒水剤 瘀血に近い膿を除く、桂茯加薏苡瓜子、桂芍加薏苡瓜子として使用される

菟絲子 甘温 強精強壮ネナシカズラの全草を25%チンキにして塗布

…な行

人参 甘微寒 血虚血熱、脾気を通じ血を滋す(少陰37条加人参)
裏気を通じ血を滋する(白虎湯と白虎加人参、人参湯)
白虎加人参湯は中熱し表熱裏気虚し脾氣約される

…は行

白魚 鹹温 腎気を補い水を巡らす

敗醤 苦平 熱性の水…膿…を去る

柏葉 苦微温 「側柏」清血分の湿熱 鬱血性の熱 涼血止血

白前 甘微温 すずめのおごけの根 胃気を補い下焦を温める、胸脇の逆気奔豚腎気を
主どる。               (下焦の水気を去る)
礬石 酸寒 「明礬」収斂止血、炎症性の浮腫を去り血を止める

白薇 苦平 ふなばら草 血熱を冷まし胸中煩を除く

はこし破胡紙(補骨脂)辛温脾腎陽虚、強壮藥、腎虚陽痿泄瀉遺尿寒冷時の腰膝痛
マメ科オランダビユの種子
薄荷 辛温 表熱の鬱滞 肺熱の鬱滞「強心」治発汗風熱 団扇で軽く煽ぐ程度

白芷 辛温 川窮と同効だが熱の発散が強い、風熱に因る肌肉の熱 膿がじくじくして
尽きない

白芥子 辛温 しろからしを用いる(宇津木昆台)

麦門冬 甘平 肺燥を潤し粘痰を除く 益津液

貝母 辛平 痰の壅滞を通じる

半夏 辛温 湿を乾かし裏気を下し逆を止める

巴豆 辛温 腸肺の水畜を瀉下する 寒飲

白石脂 甘平 赤石脂に同じ色が白いので肺に入ると考えられた

白頭翁 苦温 陰虚熱利

びゃくきょうざん白殭蚕 鹹平 驚癇(ひきつけ)鎮痙

馬通汁 苦微温 馬の消化液だから胃気の塞がりを通じる。

板藍根 苦寒 血熱を清し血毒を去るウィルス細菌性疾患

百合 甘平 脾を援け陰を益する(瀰漫性の熱) 潤肺清熱

批把葉 苦平 熱痰を除く「肺熱」

檳榔子 辛温 水劑 緩下利尿 気を下し水滞を下す 腸管から水を下す 脚気の

茯苓 甘平 留飲を除く 脾を補い水を巡らし胃内の停水を除く 尿を利す

附子 辛温 元陽を回復し少陰経脈を温め瘀水を巡らす、経を温め汗を発す

文蛤 苦平 飲みたくて飲めない渇に用いる 尿を利し湿に因る熱の鬱滞を去
る血液浸透圧を調える
鼈甲 鹹平 陰虚血熱、瘀血が停滞して痞を為す証に常用

蒲灰 甘平 炒炭は収濇止血 爛れを治す 尿を利し血を止める

蒲黄 甘平 生は膿血の塞がりを通じ尿「生理」を通じる 止血、通経、利尿

蒲公英 甘寒 水剤湿熱を消し結を散ず、尿利す乳癰腫痛催乳(炎症性)

牡蛎 鹹平 陰を益し燥を潤す 驚悸 脅下痞鞕 腎水を巡らす(陽気を援けて)

防風 辛温 気剤 去風勝湿 陽気不足の熱の滞り

防已 苦温 風湿行水 水を巡らし風湿の湿熱を去る 深部の瘀水を尿利で去る
ほうか蜂窠 苦平 すずめ蜂の巣を炙り用いる 驚癇 ひきつけ 陰虚血熱 筋急

ぼうちゅう蝱蟲 苦平 血化して瘀となるを破る、通経、乾血

ぼうこん茅根 甘寒水剤 (ちがやの根茎)清熱滋陰、涼血 利尿、水腫

撲樕 苦温 止血、牡丹皮より浅い瘀血のなりかけ

…ま行

麻黄 苦温 表を開き汗を出し熱の滞りを除く

麻子仁 甘平 潤燥滑腸

蔓荊子 辛寒血剤 消炎鎮痛(顔面)風を散じ血を涼す

木通 苦微温 裏気不通に因る尿不利3時間ー5時間継続の効果血を行し瘀水を巡ら

木瓜 酸温 こむら返り、しびれ、むくみ、脾胃を和し湿を化す、

木香 辛温気 健脾和胃、疏肝解鬱、腸管の水滯にも用いる 積滯瀉痢

…や行

射干 苦平 ひあうぎの根 喉中の熱を冷ます

益母草 辛寒血剤しそ科めはじき全草調経利水 瘀血の欝滞による疼痛(加当帰川芎赤芍)
急慢性腎炎の水腫(加茯苓、茅根、車前子、桑白皮)
薏苡仁 甘微寒  利水 排膿 熱を帯びた水(滞った瘀水)を尿利し併せて水を通じ
血熱を冷ます。

…ら行

乱髪 苦微温 津枯血燥 体液を潤し血を潤す 髪は血の有余。

龍骨 甘平 脾気を益す、血熱を去り落ち着かないソワソワを鎮める(陽気を援けて)

竜胆 苦寒血剤 肝胆特に下焦の熱眼中熱赤瀉肝胆実火清下焦湿熱(陰痒など)

りろ藜蘆 辛寒 百合科気剤しゅろ草の根 手指の腫動、身体の瞤動、肌肉中の湿熱を発す   る。(毒性強く現在では皮膚疾患に僅かにもちいられる)

連軺 苦寒 連翹の根 皮膚の湿熱

連翹 苦平 消腫 排膿 散結熱「表」 陽不足と陰不足の熱の境目(少陽経熱)

狼牙 苦寒 龍牙草の根、和産はみつもと草の根、収斂性有り湿熱を除き爛れを治す

 

【引用・転載の際は河合薬局までご連絡願います】

Pocket

相談ご希望の方へ