紅豆杉とヒメマツタケが持つ特徴と違いについて

Pocket

紅豆杉と姫マツタケの特徴イメージ画像

紅豆杉とヒメマツタケが持つ特徴と違いについて

あなたは紅豆杉(こうとうすぎ)と姫マツタケ(ヒメマツタケ)が持つ特徴と違いをご存知ですか?紅豆杉とヒメマツタケはともに体に有用な働きを持つ成分が多く含まれている免疫食品ですが違いもあります。そこで今回は紅豆杉とヒメマツタケが持っている特長と違いについてお届けします。免疫食品を選ぶ際の知識としてお役立て下さい。ご相談は東京都町田市の専門店河合薬局(TEL 0120-122-936)へ。

紅豆杉と姫マツタケ注文相談フリーダイヤル

紅豆杉の由来

紅豆杉は中国雲南省の高山地帯に自生するイチイの一種の樹木です。2億年も前から今と変わらない姿で「生きる化石」ともいわれ、平均樹齢3,000年という驚くべき生命力を持っています。

このように類まれな存在である紅豆杉は、中国では門外不出の薬木でした。かつては限られた王族だけが宮廷薬として服用し大切に扱われてきました。

現在でも中国政府は紅豆杉を「国家1級保護植物」に指定し、輸出を日本とアメリカのみに制限するなど厳しい保護政策をとっています。

紅豆杉について詳細は 紅豆杉の類まれな生命力を健康にお役立て下さい を参照して下さい

ヒメマツタケの画像と名称

ヒメマツタケの画像姫マツタケという名前の由来は「お姫様のように可愛らしい」と、岩出博士が名づけたのが始まりです。そして採取したては食べられるのですが、時間が経過すると自己消化して溶けてしまうとてもデリケートなキノコです。

ヒメマツタケの由来

姫マツタケは 学名をAgaricus blazei Murrillと言い和名がヒメマツタケです。 姫マツタケとは岩出菌学研究所が南米ブラジルから取寄せた種菌をもとに1965(昭和40)年に栽培を始め1975(昭和50)年に世界で初めて人工栽培に成功した“きのこ”です。

岩出101株とは安全性と有効性の試験を繰返し行い、岩出菌学研究所により固定種(変異性のない)した菌株です。

岩出菌学研究所の初代所長、岩出亥之助博士は1982(昭和57)年の日本菌学会の会誌『日菌報』において「ヒメマツタケについて」と題した論文を発表し、姫(ヒメ)マツタケが正式和名として認められました。

紅豆杉の特徴

紅豆杉は日本でも珍重されとりわけ紅豆杉の健康に対する効用が注目されています。その一つがアポトーシスと呼ばれる生物の発生過程であらかじめ決まった時期に決まった場所で細胞死が起こり(プログラムされた細胞死)に関連した研究報告です。

アポトーシスについての詳細はウィキペディア を参照して下さい

日本では複数の大学や研究機関で紅豆杉の研究が実施され最新の研究報告がされています。このようなことから、紅豆杉に関する研究は、1つの植物のものとしては、異例の注目度といえるでしょう。

さらに紅豆杉は、北里大学 金沢医科大学 東京大学 京都大学 富山医科薬科大学などの研究施設でも研究開発が続けられています。

ヒメマツタケの特徴

一般にアガリクス茸と通称呼ばれているきのこですがアガリクスというのは世界中で数百種類も報告されている「ハラタケ属」全体の呼び名であって、正式な名称としてのアガリクス茸という単一種の きのこ は存在しません。

そしてアガリクスの中で唯一、人間の免疫力のバランスとる効果が学術的に証明されているものが学名「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」と呼ばれる岩出菌学研究所が栽培に成功したのがヒメマツタケです。

紅豆杉とヒメマツタケの違い

紅豆杉の成分

紅豆杉には、350種類以上の成分が含まれていることが報告されています。その中でも有用な成分として特に注目されているのは、ジテルペン類とリグナンです。これらの成分は紅豆杉に豊富に含まれています。

ジテルペン類は植物に多く存在する物質であり顕著な生物活性を示すものが多いことで知られています。ジテルペン類にはたくさんの種類がありますがその一つが「タキサン」です。タキサン (taxane) とは、イチイ属(Taxus)の植物から発見されたジテルペンでもともと植物から見つかった天然の化合物ですが医薬品の生産に有用ないくつかのタキサン類は合成利用されています。

詳細は ウィキペディア タキサン を参照して下さい

ヒメマツタケの成分

姫マツタケは、岩出菌学研究所が世界で初めて人工栽培に成功させ岩出101株という菌株からできた姫マツタケを長年研究・分析を進めてきた結果、姫マツタケには抗ガン作用や免疫力のバランスを整えるといった作用を確認しました。

その主成分はβ-D-グルカンをはじめとする数多くの多糖体をバランス良く含み、生体のホメオスタシス(恒常性維持機能)を調整することで様々な薬理作用を発揮し体を健康な状態に保つための多彩なBRM(生物応答調整剤)様作用をを持つきのこであることが実験によって確認されています。

紅豆杉とヒメマツタケ 製品の違い

紅豆杉エキス粒

紅豆杉エキス粒は100種類を超える紅豆杉の豊富な有効成分を濃縮した錠剤タイプの紅豆杉です。口の中で簡単に砕けるほど軟らかく飲みやすい錠剤ですから軽く噛んで砕いてから飲んだり、水や口に入れてから約1~2分で溶けるので呑み込みが不自由な方でも安心してお飲み頂けます。

紅豆杉エキス粒は1袋が6粒入りで紅豆杉5g相当の濃縮エキスです。携帯に便利で煎じる手間が省け毎日手軽に紅豆杉を摂ることが出来ます。

紅豆杉エキス粒についての詳細は下記のページをご覧下さい
紅豆杉エキス粒の購入方法と効果的な飲み方/濃縮タイプ紅豆杉錠剤

紅豆杉エキス粒の詳細は六基食品 のページもご覧下さい

紅豆杉お茶タイプ

紅豆杉のお茶タイプには紅豆杉茶60g(2g×30袋入)と有効成分の濃い紅豆杉茶150g(5g×30袋入)とがあります。紅豆杉茶の効果的な作り方と飲み方を動画とさらに紅豆杉について多いご質問をQ&A形式で分かりやすくご説明しています。

紅豆杉お茶タイプについての詳細は下記のページをご覧下さい
紅豆杉茶の効果的な作り方と飲み方/紅豆杉茶5gと2gの違いQ&A

姫マツタケ エキス顆粒

岩出101株姫マツタケエキス顆粒は、姫松茸乾燥タイプや従来の姫マツタケ製品と比較して有効成分の含有量、内容量ともに比較にならない高品質の姫マツタケです。独自の抽出方法により、β-(1→6)-D-グルカンをはじめとする多糖体を従来品より約20%増量しました。

姫マツタケエキス顆粒についての詳細は下記のページをご覧下さい
姫マツタケ(岩出101株)エキス顆粒の効果的な飲み方と購入方法

無料メール相談 お受けしています

お悩み症状が多岐に及び、どうしてよいか五里霧中になっていらっしゃる方のご相談も少なくありません。河合薬局との出会いが悩み解決の糸口となり、『前向きに頑張ってみよう』『河合薬局を信頼して相談してみよう』と貴方のお役に立てることを願っております。

河合薬局無料Web相談

Pocket