アトピー性皮膚炎が慢性化して苔癬化した皮膚に良い漢方薬の例

Pocket

アトピー性皮膚炎で悩む女性のイメージ画像

アトピー性皮膚炎が慢性化して苔癬化した皮膚に良い漢方薬の例

あなたはアトピー性皮膚炎が慢性化して皮膚が厚くなり治り難くなっている症状にお悩みではありませんか?アトピー性皮膚炎の肌の状態には赤くてかゆい症状やジクジク湿ってかゆい症状、さらには肌が厚くなって象の皮膚のようになる症状など様々な種類があります。今回は慢性化して皮膚が厚くなったアトピー性皮膚炎について漢方の知識と漢方薬の具体例をお伝えします。

必要事項に記入して送信するだけ!
自然治癒力を高める体質改善に取り組みましょう

河合薬局相談申し込み

ステロイド外用薬を使用中の方へ

アトピー性皮膚炎でお悩みの方はステロイドの塗り薬に頼らずに綺麗な肌を保ちたいとお思いでしょう。しかし現在強いステロイド外用薬を使用中の場合、塗るのを急に止めると激しい痒みや皮膚の悪化が再燃する心配があり注意が必要です。

その場合、最初は塗り薬と漢方薬を併用しながら徐々にステロイドの強さを弱くしてゆき最終的にステロイド外用剤を塗らずに済むようになることを目指して漢方の体質改善に取り組むことをお勧めします。

漢方が考えるアトピー性皮膚炎

漢方ではアトピー性皮膚炎を皮膚に熱が滞った状態と考えています。皮膚に熱が滞るとはどういうことでしょうか?

私たちの体は食べ物を体内で熱エネルギーに変えて体を維持しています。ですから体の中にはいつも熱が充満しています。他方では余分な熱を体の外に取り出してバランスを保っています。

大便、小便は食べかすや水を取り出しているだけでなく熱を取り出す手段です。女性の場合は生理の出血によってもたくさんの熱を取り出しています。さらに皮膚から汗によって熱を取り出しています。

私は冷え性で汗をかかないという方でもゴム手袋を付けて作業をしていると汗をかいていることを意識すると思います。

皮膚表面の熱を冷ます越婢加朮湯

前述のように皮膚から熱を発散させる働きが低下して熱が滞ってくるのがアトピー性皮膚炎の始まりの状態です。

この場合は皮膚から熱を発散させて冷ます漢方薬を使います。河合薬局でお勧めするのは越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)です。

熱の滞りが浅いアトピー性皮膚炎の具体例は アトピー性皮膚炎の赤みの改善に効く漢方薬の上手な選び方と具体例 を参照

熱の浅い深いは皮疹(ひしん)で見分ける

アトピー性皮膚炎が慢性化し熱の滞りが深くなってくると皮膚の状態に変化が現れてきます。皮膚が厚くなり苔癬化と呼ぶ皮膚に潤いが失われてくる皮膚の状態です。

アトピー性皮膚炎で皮膚が苔癬化した画像

皮膚の深い熱の滞りを冷ます白虎加人参湯

アトピー性皮膚炎が慢性化し熱が深くに及ぶと皮膚から発散させて熱を冷ますことが出来ません。その場合は血液や体液を潤わせて深部の熱を冷ます漢方薬を使います。熱湯に水を注いで冷ますイメージです。

その場合の代表的な漢方薬が白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)です。

アトピー性皮膚炎が慢性化すると血熱(けつねつ)を生じる

血熱とは血液が熱を受けて皮膚の深い部分に強い熱の滞りを起こしている状態のことです。

前述のようにアトピー性皮膚炎も初めのうちは皮膚の浅い部分だけの熱の滞りですが、掻き壊しを繰り返してアトピー性皮膚炎が長引き慢性化するとしだいに皮膚の熱の滞りが深くに及びます。すると血液も熱を受けて血熱の症状を起こしアトピー性皮膚炎が治り難くなるのです。

血熱を取り除く基本の漢方薬は小柴胡湯

血熱を治すためには柴胡(さいこ)が配合された漢方薬を使います。代表的なものが小柴胡湯(しょうさいことう)です。アトピー性皮膚炎が慢性化し苔癬化した皮疹の場合は白虎加人参湯に小柴胡湯を併せて使うようにします。

河合薬局では熱の滞りが皮膚表面にある場合でも越婢加朮湯で治り難いアトピー性皮膚炎には小柴胡湯を併せてお勧めしています。

小柴胡湯の血熱についての詳細は 更年期障害の症状を改善する漢方薬を上手に選べる基礎知識と具体例 を参照して下さい

アレルギー体質の改善に免疫調整レム(LEМ)

アトピー性皮膚炎の原因であるアレルギー体質を治すことが、つらいかゆみやホテリ、皮膚の痛みを治し塗り薬に頼らなくてもよい体作り、再発を防ぐ体作りのために大切です。

そのために河合薬局ではアレルギー体質という免疫の過剰反応を防ぎ免疫のバランスを調えるための体質改善にレム(LEМ)をお勧めしています。お困りの方は一度ご相談下さい。

まとめ

漢方のアトピー性皮膚炎の赤み、かゆみの改善は熱の滞りを治すことが目的です。皮疹の状態から熱の滞りの深浅、強弱を判断し加えて胃腸の良し悪し、過度のストレスによる免疫不調和を判断することが大切です。

アトピー性皮膚炎によい漢方薬は検索してみると分かりますが、ご紹介した漢方薬以外にもたくさん出てきます。漢方薬を選ぶ基準は皮膚の発散力、血液体液循環の良し悪し、さらに長引くお悩みには瘀血(おけつ)の有無などを考慮することが大切です。

ここでお伝えしたかったのは、アトピー性皮膚炎の漢方薬を選ぶ時、行き当たりばったりに漢方薬を選ぶのではなく、漢方ではアトピー性皮膚炎をどのような体の原因で起こしていると考えているのかを考えて決めることが大切です。

相談ご希望の方へ

健康の悩みを解決したい方

・通販やCMで見つけた商品を飲んだけど良くならない
・飲み薬や塗り薬に頼りたくない、続けたくない
・一時的に症状を抑えるだけでなく、体質改善をしたい
・漢方を飲んでみたい ・免疫力を高めたい
河合薬局は、このようなご相談を数多くお受けしています。
自分自身の自然治癒力を高めて、治療薬に頼らない体作りをご一緒に目指しましょう。

電話で相談をお申し込みの際は TEL 042-722-3238 河合薬局 毎週水曜・第3火曜定休 営業時間 午前10時~午後6時 ※相談中の場合は、折り返しお電話を差し上げます。

メールでお申し込みの際は必要事項にご記入の上、送信ボタンを押して下さい







 





Pocket