アトピー性皮膚炎の赤みの改善に効く漢方薬の上手な選び方と具体例

Pocket

アトピー性皮膚炎の女性のイメージ画像

アトピー性皮膚炎の赤みの改善に効く漢方薬の上手な選び方と具体例

あなたはアトピー性皮膚炎でお悩みではありませんか?アトピー性皮膚炎の皮膚状態には皮膚が赤くてかゆい症状や皮膚がジクジク湿ってかゆい症状、さらには肌が厚くなって象の皮膚のようになる症状など様々な種類があります。今回は皮膚に赤みがあってかゆいアトピー性皮膚炎にの改善のために上手な漢方の選び方と具体的な漢方薬をお伝えします。
河合薬局電話相談

強い副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用薬を使用中の方へ

アトピー性皮膚炎の漢方治療を希望する方は次のような悩みをお持ちです。
・ステロイドの塗り薬を止めたい、使いたくない
・ステロイドの塗り薬がだんだん強くなってきた
・ステロイドを塗っても痒みが鎮まらない

アトピーの漢方治療を希望する方はこのような悩みをお持ちですが、現在強いステロイド外用薬を使用中の場合、塗るのを急に止めると激しい痒みや皮膚の悪化が再燃する心配があるので注意が必要です。

現在アトピー性皮膚炎治療にステロイド塗り薬を使用中の場合、最初は塗り薬と漢方薬を併用しながら徐々にステロイドの強さを弱くしてゆき最終的にステロイド外用剤を塗らずに済むようになることを目指して漢方の体質改善に取り組むようお勧めします。

アトピー性皮膚炎 漢方の考え方

漢方ではアトピー性皮膚炎を皮膚に熱が滞った状態と考えて治療方法を決めます。

皮膚に熱が滞るとはどういうことでしょうか?
私たちの体は食べ物を体内で熱エネルギーに変えて体を維持しています。ですから体の中にはいつも熱が充満しています。

一方、余分な熱を体の外に取り出してバランスを保っています。大便、小便は食べかすや水を取り出しているだけでなく熱を取り出す手段です。

女性の場合は生理の出血によってもたくさんの熱を取り出しています。さらに皮膚から汗によって熱を取り出しています。

私は冷え性で汗をかかないという方でもゴム手袋を付けて作業をしていると汗をかいていることを意識すると思います。

その熱を皮膚表面に血液と一緒にを巡らせて体表から取り出すことが出来ずに熱が滞った状態をアトピー性皮膚炎のかゆみと漢方ではとらえているのです。

皮膚に熱が滞る原因 4パターン

前述のように漢方ではアトピー性皮膚炎の原因を皮膚に熱が滞った症状と考えて治療方法を決めます。そして熱が滞る原因をおよそ4つのパターンに分けて考えています。

今回はその中で熱の滞りが皮膚の浅い部分にあるアトピー性皮膚炎の漢方薬についてお伝えします。

写真 熱の滞りが浅いタイプのアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 皮疹が発赤の画像アトピー性皮膚炎の漢方薬を選ぶ際に大切なのは、目に見える皮膚の状態(皮疹=ひしん)を見極めることです。上の写真では発赤、掻破、小丘疹が見られます。

この写真の状態は皮膚に熱が滞るパターンのうち皮膚の浅い部分、皮膚表面に熱の滞りがあって皮膚から熱を発散させる働きが障害されて熱が滞り、かゆみを引き起こしていると考えて漢方薬を選ぶのが良いでしょう。

発散不良が原因のアトピー性皮膚炎の赤み かゆみによい漢方薬

前述のとおり私たちは体内で作りだした熱を皮膚表面から発散させて熱を冷ましていますが皮膚から熱を発散させる力が弱い(漢方では衛気不足により発散が低下し熱が鬱滯していると言います)場合に使う漢方薬の代表は、麻黄(まおう)が含まれる漢方薬です。

麻黄ってどんな働きをするの?という方は、河合斎の傷寒論 金匱要略に用いられている薬物・薬能 のま行を参照

数ある麻黄が入った漢方薬の中で、河合薬局で一番お勧めするのは越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)です。

アトピー性皮膚炎で乾燥してかゆい時によい漢方薬の知識と処方例 も参照して下さい

必ず黄連解毒湯を併せて使う

アトピー性皮膚炎の漢方薬を選ぶ際に最も大切なのは、少しでも早く辛いかゆみ、炎症を和らげることです。

そのためには越婢加朮湯で皮膚の熱の滞りを冷ましながら併せて皮膚の充血炎症を鎮めるために黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を必ず併せてお勧めします。

熱の滞りが皮膚深くに及んでいる場合の注意

アトピー性皮膚炎の漢方相談をお受けすると越婢加朮湯と黄連解毒湯を使ってもなかなか改善できず、一筋縄ではいかない場合が数多くあります。

原因の一つは、特に長引くアトピー性皮膚炎では掻き壊しを繰り返して熱の滞りが皮膚の深いところまで及び、漢方で血熱(けつねつ)と呼ぶ血液が熱を受けている場合があるためです。

長引いているアトピー性皮膚炎や掻き壊しが見られるアトピー性皮膚炎の場合は、柴胡(さいこ)を配合した漢方薬を併せて使うことをお勧めします。

柴胡が入った漢方薬の代表は、小柴胡湯(しょうさいことう)、大柴胡湯(だいさいことう)です。

皮膚表面に熱が滞るもう一つのタイプ

お伝えした皮膚の表面に熱が滞るアトピー性皮膚炎を改善する漢方薬には、もう一つのタイプがあります。

それは胃腸虚弱が原因で皮膚表面に熱が滞るタイプです。この場合は麻黄ではなく黄耆(おうぎ)が配合された漢方薬を使います。

具体的な漢方薬は、桂枝加黄耆湯、補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯など更にこれら黄耆の入った漢方薬に加工附子を加えたものを使う場合もありますが、このタイプについて詳しくは別の機会にご紹介します。

免疫を調えるレム(LEМ)

アトピー性皮膚炎の原因であるアレルギー体質を治すことが、つらいかゆみやホテリ、皮膚の痛みを治し塗り薬に頼らなくてもよい体作り、再発を防ぐ体作りのために大切です。

そのために河合薬局ではアレルギー体質という免疫の過剰反応を防ぎ免疫のバランスを調えるための体質改善にレム(LEМ)をお勧めしています。お困りの方は一度ご相談下さい。

まとめ

漢方のアトピー性皮膚炎の赤み、かゆみの改善は熱の滞りを治すことが目的です。皮疹の状態から熱の滞りの深浅、強弱を判断し加えて胃腸の良し悪し、過度のストレスによる免疫不調和を判断することが大切です。

アトピー性皮膚炎によい漢方薬は検索してみると分かりますが、ご紹介した漢方薬以外にもたくさん出てきます。漢方薬を選ぶ基準は皮膚の発散力、血液体液循環の良し悪し、さらに長引くお悩みには瘀血(おけつ)の有無などを考慮することが大切です。

ここでお伝えしたかったのは、アトピー性皮膚炎の漢方薬を選ぶ時、行き当たりばったりに漢方薬を選ぶのではなく、漢方ではアトピー性皮膚炎をどのような体の原因で起こしていると考えているのかを考えて決めることが大切です。

皮膚の悩み 無料メール相談

お悩み解決のアドバイスを差し上げます!
専門薬剤師の無料メール相談

漢方を試してみたいけど、何処に相談すればよいかお悩みのあなたへ。症状・経過・体質チェックに記入して送信すれば、ブログの執筆者 薬剤師 河合展之が悩み解決のアドバイスをメールで差し上げます。お送りしたアドバイスをご覧頂き、『河合薬局を信頼して相談してみよう』と思って頂けたら、本格的にご相談下さい。河合薬局との出会いがあなたの人生にとってプラスになることを願っております。

あなたの体質を正確に把握するため、以下の項目に出来るだけ詳しくお答え下さい


以下の項目は該当する箇所にチェックを入れて下さい
体格
筋肉質肥満体脂肪太り水太り中肉痩せ型
体質
丈夫普通弱いアレルギー体質疲れやすい冷え性汗かきのぼせ症寒がり暑がり
全身
不眠症精神不安熱っぽい寒気疲れやすい寝汗夢を見る憂うつ記憶力減退落ち着きがない
嗜好品
冷たいもの辛いもの酸のもの塩からいもの甘いもの油もの野菜果物タバココーヒー飲み物
顔色
赤黒い赤い頬赤青黒い黄黒いむくみツヤがないシミ
皮膚
炎症ざらざら分泌物いたいかゆい落屑化膿蕁麻疹
大便
毎日2日に1度3日に1度4日以上便秘多い少ない出難い血便硬いコロコロ軟便下痢しやすい下痢便秘繰り返す痔がある
小便
日中3回未満日中3~4回日中5~6回日中7回以上夜間に行く血尿タンパク尿糖尿残尿感排尿痛

頭痛頭重のぼせめまい頭汗脱毛症フケ症薄毛
耳・鼻
耳鳴り耳だれ難聴鼻血臭いが分からない鼻が臭う緑色の鼻汁黄色の鼻汁粘い鼻水水鼻クシャミ鼻づまり
口・舌・咽喉
舌が乾いている舌が湿っている舌苔がある口が苦い口が乾くガブガブ飲みたい口臭声がれ唾液が多いのどがつかえる
首・肩・背
首が凝る肩が凝る背中が凝る
胸・脇
胸・脇の圧迫感胸苦しいしゃっくり息苦しい動悸息切れ

食欲がない胃がつかえる胸焼け胃が痛む胃が重い胃がチャプチャプする吐き気ゲップ

腹痛 おへそ回り腹痛 下腹腹痛 横腹腹がゴロゴロ鳴るガスが溜まる腹が張る腹が冷える

冷える温かい湿っている乾いている手がほてる痛む関節痛こわばる腫れるしびれるふるえる
足・腰
足がほてる腰が冷える足が冷える腰が痛む足が痛む関節痛足がこわばる足がしびれる足がふるえる脚弱
婦人科
生理が遅れる生理が早まる生理が多い生理が少ない塊が多い生理痛が強い不正出血流産しやすい不妊症


【ご注意】河合薬局から自動返信メールが届かない場合はメールアドレスの記入に誤りがあります。
お手数ですがメールアドレスを再送信して下さい。

年齢  歳

身長  cm

体重  kg

性別 男性女性


同意して送信する 

Pocket

相談ご希望の方へ