慢性の蕁麻疹によく効く漢方薬は?皮膚の発疹(皮疹)とかゆみから選ぶ

Pocket

蕁麻疹によく効く漢方薬

蕁麻疹の痒みイメージ画像あなたは蕁麻疹が1か月以上も続き抗ヒスタミン薬や抗アレルギー剤を飲んで痒みを抑える繰り返しで、薬を飲まないとぶり返す痒みに苦しんでいませんか。

軽い蕁麻疹は数分~1時間位の時間で消えてしまいますが、漢方の蕁麻疹相談の方の中には毎日のように夕方~就寝まで蕁麻疹の辛い痒みが続いたり、1年以上も蕁麻疹が繰り返している方も少なくありません。

薬を飲まなくても蕁麻疹が出なくなり、痒みの恐怖を忘れることが出来れば嬉しいですね。長引く蕁麻疹の悩み解決に漢方薬がお役に立つかもしれません。

必要事項に記入して送信するだけ!
自然治癒力を高める体質改善に取り組みましょう

河合薬局相談申し込み

漢方の蕁麻疹治療の意義

漢方による蕁麻疹の治療は、即効性の点では痒みを鎮める抗ヒスタミン剤などの西洋薬にはかないません。急性蕁麻疹と呼ばれる短期間で痒み止めの飲み薬を飲まずに済むように治る蕁麻疹の場合は西洋薬の治療を優先することをお勧めします。

しかし1か月以上も、中には数年もの間繰り返す蕁麻疹には漢方の蕁麻疹治療に大きな意義があります。河合薬局の蕁麻疹漢方相談でも2年間も痒み止め内服薬を繰り返している相談を受けたことがあります。

漢方薬の蕁麻疹治療では一朝一夕に蕁麻疹が出なくなることは望めないかもしれません。蕁麻疹の根治には根気強く体質改善に取り組む辛抱強さが必要かもしれません。しかし漢方で蕁麻疹を治す意義はとても大きなものがあります。

それは、痒み止めの飲み薬に頼らなくても、蕁麻疹が再発することなく、安定した良い状態を維持できる体質に整えることを漢方薬の蕁麻疹治療が目指しているからです。

蕁麻疹の原因 漢方の考え方

漢方では蕁麻疹を皮膚の表面に熱が滞った状態と考えて治療方法を考えます。私たちの体は食べ物を体内で熱エネルギーに変えて体を維持しています。ですから体の中にはいつも熱が充満しています。

一方、余分な熱を体の外に取り出してバランスを保っています。大便、小便は食べかすや水を取り出しているだけでなく熱を取り出す手段です。

女性の場合は生理の出血によってもたくさんの熱を取り出しています。
さらに皮膚からも汗によって熱を取り出しています。私は冷え性で汗をかかないという方でもゴム手袋を付けて作業をしていると汗をかいていることを意識すると思います。

蕁麻疹の漢方治療を考える際は大小便や生理で熱を取り出せない原因、皮膚の働きが悪く体表から熱を発散させて飛ばすことが出来ず熱が滞ってしまう原因を考えて治療方法を組み立てます。

皮疹(ひしん)でチェック 蕁麻疹の重症度

前述のとおり漢方では蕁麻疹を皮膚に熱が滞った状態と考えて治療するとお伝えしました。そして、皮膚の熱の滞りが浅いのか深いのか、強いのか弱いのかを皮疹(ひしん)によって判断します。また消えるまでの時間でも蕁麻疹の重症度を判断します。

皮膚が赤いだけで盛り上がりのない蕁麻疹

蕁麻疹で皮膚が赤いだけで盛り上がっていない発赤(ほっせき) や蚊に刺されたようにポツポツした丘疹(きゅうしん)の蕁麻疹は皮膚の発散が悪いために皮膚から熱を取り出す働きが弱く皮膚の表面に熱が滞っているタイプの蕁麻疹です。

このタイプの蕁麻疹に河合薬局では越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を使うことが多くあります。必ず充血炎症を抑える黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を一緒にお勧めします。

皮膚がミミズ腫れになる蕁麻疹は熱が深い

冷え性が治った女性のイメージ画像前述の蕁麻疹に比べて皮膚がミミズ腫れになったり地図状に盛り上がった蕁麻疹は皮膚にホテリを感じるくらい熱感が強く痒みが強い蕁麻疹です。

このタイプの蕁麻疹は熱の滞りが皮膚深くまで及び血熱(けつねつ)と呼ぶ血液に熱が及んでいる状態や湿熱(しつねつ)と呼ぶ血液中の水分に熱が及んでいる状態です。皮膚が赤くなっているだけで皮膚のごく表面に熱が滞っているだけの症状に比べて蕁麻疹が消えるまでにかかる時間も長く、手強い蕁麻疹です。

このタイプの蕁麻疹には十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)と茵陳蒿湯(いんちんこうとう)を併せてお勧めすることが多くあります。十味敗毒湯と茵陳蒿湯の組み合わせは、血液中の水分に熱が加わった湿熱の状態を治し、皮膚の深い場所に熱が及んだ症状を治す働きがあります。余談ですがこれらの漢方薬は痛い、痒いニキビで湿り気を帯びた赤ニキビにもよく効きます。

参照 生理前に悪化する赤ニキビ・化膿ニキビを早く綺麗に治す漢方

ストレスと蕁麻疹

過度のストレスは蕁麻疹を長引かせたり悪化させる原因になります。蕁麻疹の原因が食べ物などに見当たらない場合や蕁麻疹が毎日出たり、1か月以上も長引く場合はストレスの原因を考えてみる必要があるでしょう。

ストレスは自律神経のバランスを崩します。「頑張らなくちゃ」モードの時には交感神経が優位になりリラックスモードの時には副交感神経が働きます。交感神経と副交感神経はちょうどシーソーのようにバランスを取って私たちの体を維持しているのですが強いストレスが続くと自律神経というシーソーのバランスが崩れてしまいます。

自律神経のバランスが崩れ自力で戻せない状態が続くと免疫にも異常が現れてきます。免疫が亢進し過ぎるとアレルギーである蕁麻疹も治り難くなるのです。

ストレスを和らげ 免疫を調整するレム(LEM)

レム(LEM)はシイタケ菌糸体培養培地抽出物、サトウキビの繊維成分に米ヌカをまぜた固形培地にシイタケ菌を接種し、培養、粉砕、変温処理、酵素により自己消化を経て活性化した代謝成分を抽出したエキスです。

LEMは醗酵しているので、分類すれば納豆、チーズの類の醗酵食品です。LEMは免疫力を調整するので、免疫低下、免疫力過剰、免疫の乱れを調整する作用があります。

河合薬局では蕁麻疹の辛い症状を治す漢方薬と合わせて再発を防ぎ治療薬に頼らなくてもよい状態を維持するための体質改善に免疫を整えるレムをお勧めしています。

胃腸の働きと蕁麻疹

漢方では様々な症状の原因と改善の方法を胃腸の働きの良し悪しと関連付けて考えます。蕁麻疹の場合も胃腸の働きが良いか悪いかによって治療効果が違うことをたびたび経験します。

蕁麻疹が治り難い体質の方は胃腸が冷えている場合が多くあります。胃腸の働きは生命を維持するためのエネルギーの取り入れ口ですから、胃腸の冷えは胃腸の機能低下を表わし、生命維持のエネルギーが減少していることにつながっています。

現代は、冷たい飲み物や冷たい食べ物、冷房によって胃腸や下半身の冷えが悪化しています。胃腸を温め冷えを治すことが自然治癒力を高め蕁麻疹を自力で治す体作りに大切なのです。

胃腸の冷えを治し蕁麻疹を予防する蘭香(らんこう)

胃腸の冷えを治し消化吸収力を高めて蕁麻疹の予防に良い食べ物をご紹介します。
それは薬味です。ネギ、生姜、山葵、山椒、胡椒などの薬味は胃腸の冷えを治しお腹を温める食べ物です。胃腸の冷えが気になる方は積極的に摂りましょう。

参照 冷え性(冷え症)によく効く漢方薬の選び方。改善のヒントはお腹の冷え

薬味が上手に摂れない方にお勧めなのがミックス香辛料の蘭香です。ミックス香辛料 蘭香(ランコウ)はケイヒ・ウイキョウ・ニクズク・ウコン等10種類の香辛料をミックスした健康スパイス。食欲増進にご家族皆様でご愛用頂ける飲んで良し、料理によしのミックス香辛料です。

参照 ミックス香辛料 蘭香  

まとめ

漢方の蕁麻疹改善は皮膚の熱の滞りを治すことが目的です。皮疹の状態から熱の滞りの深浅、強弱を判断し加えて胃腸の良し悪し、過度のストレスによる免疫不調和を判断することが大切です。

蕁麻疹によい漢方薬は検索してみると分かりますが、ご紹介した漢方薬以外にもたくさん出てきます。蕁麻疹の漢方薬を選ぶ基準は皮膚の発散力、血液体液循環の良し悪し、さらに長引くお悩みには瘀血(おけつ)の有無などを考慮することが大切です。

ここでお伝えしたかったのは、蕁麻疹の漢方薬を選ぶ時、行き当たりばったりに漢方薬を選ぶのではなく、漢方では蕁麻疹をどのような体の原因で起こしていると考えているのか、を考えて決めることが大切です。

さらに、長引く症状では免疫の不調和や自律神経の不調和が多く見られます。河合薬局では自律神経を整えるレム(LEM=シイタケ菌糸体培養培地抽出物)を併用して喜ばれることが多くあります。お困りの方は一度ご相談下さい。

相談ご希望の方へ

健康の悩みを解決したい方

・通販やCMで見つけた商品を飲んだけど良くならない
・飲み薬や塗り薬に頼りたくない、続けたくない
・一時的に症状を抑えるだけでなく、体質改善をしたい
・漢方を飲んでみたい ・免疫力を高めたい
河合薬局は、このようなご相談を数多くお受けしています。
自分自身の自然治癒力を高めて、治療薬に頼らない体作りをご一緒に目指しましょう。

必要事項にご記入の上、送信ボタンを押して下さい







 






蕁麻疹の悩みに国産発芽ハトムギで手軽に美味しく体質改善

本格的に漢方薬を飲む前に、手軽に体質改善によいものを試してみたいという方にお勧め、
河合薬局一番人気の漢方食品です。

国産発芽ハトムギ ゴールド三養茶の画像ハトムギは健康の悩み解決や体質改善に最適な漢方薬です。毎日召し上がって頂きたいハトムギにも欠点があります。

ハトムギの種子ヨクイニンは栄養が流れ出ないように、含有成分が水に溶けない構造になっています。ヨクイニン1キログラムを煎じても摂れる水製エキス成分は2グラム程度にしか過ぎません。

しかし、種が発芽する時には含有成分が水溶性に変わっているので種の時と比べると数十倍ものエキスが摂れるのです。

15倍濃縮 ゴールド三養茶

数あるハトムギ製品の中でゴールド三養茶をお勧めする理由はその製法にあります。

ゴールド三養茶は、温度と湿度を調節し発芽状態にしたハトムギを使用しています。ハトムギの有効成分が濃縮され、粉末タイプですから、お湯に溶くだけで美味しく召し上がれます。

基準の厳しい国産品のハトムギを原料に使用しています。ノンカフェインですから水分補給としても最適です。

河合薬局では、漢方相談のお客様には必ずお勧めする養生食品です。

国産発芽ハトムギエキス ゴールド三養茶を、漢方薬の効き目を高める養生食品として、健康の悩み解決の手助けに、健康と美容の体質改善に、ご家族皆様の健康茶としてご愛用下さい。

ゴールド三養茶には、
お試し用60袋入り(1g×60袋) 携帯お徳用240袋入り(1g×240袋)  お徳用250g入り
さらにお徳用500g入りがあります

ゴールド三養茶購入はネットショップでも

ゴールド三養茶ご愛用者から嬉しいレビューをたくさん頂いています。ご愛用者レビューはこちら

ネットショップ 河合薬局はこちら

河合薬局 楽天市場はこちら

河合薬局 ヤフーショッピングはこちら 

遠方で直接ご来店購入が出来ないあなたへのプレゼント。
ゴールド三養茶購入特典です。
ネットショップからゴールド三養茶を購入頂きましたら、初回ご購入時に限り「病気予防に役立つ漢方食養生の五味調和健康法」を差し上げます。

(注) 必ずご購入備考欄に 71130ブログ とご記入下さい

ご不明の点はご遠慮なくお問い合わせ下さい
河合薬局 電話 042-722-3238

Pocket