生理前に悪化する赤ニキビ・化膿ニキビを早く綺麗に治す漢方

Pocket

生理前に悪化するニキビを治す漢方

生理前ニキビで悩む女性のイメージ画像生理前になるとニキビがたくさん出来たり、痛みや痒みのある赤ニキビや化膿ニキビができる悩みをお持ちではないでしょうか。

ニキビの漢方相談をお受けしていて特に多い悩みが生理前に悪化するニキビです。
月経前症候群(PMS)の体に現れる症状の一つにも生理前のニキビ悪化が挙げられているほどです。

生理前でもニキビの悪化を最小限に抑えてニキビ跡を残さないきれいな素肌作りのために、症状に合わせたタイプ別の漢方薬をお伝えします。

漢方は、生理前のニキビを改善するための治療だけでなく、生理前でもニキビが出来にくくなるための体質改善が出来るのが大きな特長です。

河合薬局では、治りを邪魔している原因が体の内側にあることに気づき、症状を緩和する手当てと併せて、根本原因である体質を整える手当てとの両面作戦で取り組むことをご指導しています。

今回は、生理前に悪化するニキビのタイプ別の漢方薬のご紹介と、生理前の赤ニキビ、化膿ニキビなどの悪性ニキビが出来にくくなるための漢方体質改善についてお伝えします。

漢方の立場から生理前ニキビの原因とは

そもそも女性は、生理前になると女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が活発になり、黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、ニキビ悪化の原因となり、角質層を厚くしてニキビや乾燥肌の原因を作っています。

漢方ではニキビがどのような体の原因で起こると考えているでしょうか?
漢方ではニキビを湿熱(しつねつ)と呼ぶ熱を帯びた体液が皮膚に滞った状態を治すという考えで治療法を組み立てます。

私たちの体は食べ物を体の中で熱エネルギーに変えて維持しています。したがって体の中にはいつも熱が充満していますが、一方で余分な熱を体の外に取り出してバランスを取っています。

例えば、大便や小便は食べかすや水を取り出しているだけではなく体内の熱を外に取り出す手段です。さらに汗によって皮膚表面から熱水蒸気の形で熱を発散させて取り出しています。

痒みや痛みのある赤く膨らんだ赤ニキビや黄色っぽい膿のある押すと痛い膿疱ニキビは、皮膚から熱をうまく取り出すことが出来ずに起こる湿熱が原因であると漢方では考えて治療法を決めます。

生理の前にニキビが悪化する理由とは

漢方では生理前にニキビが悪化する原因をどのように考えているのでしょうか?
前述したように大小便や汗は体にこもった熱を取り出す手段だと書きましたが、さらに女性にとって一番重要なのが生理です。生理は出血によってたくさんの熱を体の外に取り出す手段です。

生理前の女性の体は生理の出血に備えて体に熱を溜め込む時期に入ります。そして子宮付属器官への血液の巡りを普段以上に多くするため、皮膚表面に血液を充分巡らせることが出来ず皮膚から熱を取り出す働きが低下し、皮下に熱の滞りが増すためニキビ悪化の原因になると考えているのです。

ニキビ タイプ別の漢方治療

今回は生理前に悪化するニキビの代表的なタイプ3つについてお届けします。

白ニキビの漢方

生理前の白ニキビ画像

白ニキビは生理前ニキビの中で一番軽いタイプのニキビです。皮脂や角質が毛穴に詰まって塞いでいる状態です。白ニキビは痒みや痛みがなく数日間で治るニキビです。

生理前の白ニキビをゼロにすることは難しいかもしれませんが、できる数が少なく痒みや痛みを伴わず、短期間で治せれば、それほどストレスにならずに済むのではないでしょうか。

生理前の白ニキビに、河合薬局では十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)をお勧めします。
加えて正しいスキンケアを行えば白ニキビの数も減り、1~3日位の短期間で治ってしまいましたと、ニキビ相談の方から喜ばれることが多いです。

赤ニキビの漢方

生理前の赤ニキビ画像

このタイプの生理前ニキビは皮脂や老化角質が毛穴に詰まっているだけの白ニキビとは違い、毛穴の中で炎症を起しているニキビです。

痒みが気になっていじりたくなるニキビですが要注意です。皮膚に傷を付けて毛包を破りニキビ跡や炎症が悪化する原因になってしまいます。

このタイプの生理前赤ニキビは炎症の強さや湿熱症状の強さによって治療の難易度や漢方薬の種類が違って来ます。

写真上、の症状であれば十味敗毒湯に黄連解毒湯を併せて炎症を鎮める手当てを試してみるのが良いでしょう。

写真下、は毛包が壊れている箇所や化膿ニキビも見られ。症状の強い赤ニキビです。痛みや痒み熱感がある筈ですから、注意しながら改善が見られるかどうか7日~10日位の短い期間で様子を見ながら漢方薬を飲むことが大切です。

重度の生理前赤ニキビ画像

このタイプの生理前赤ニキビに河合薬局では茵蔯蒿(いんちんこう) の配合された漢方薬を使うことが多くあります。

茵蔯蒿は血中の湿熱を尿で利す働きのある漢方薬です。大便の硬軟や小便の良し悪しに合わせて茵陳蒿湯や茵蔯五苓散を前述の十味敗毒湯や黄連解毒湯に組み合わせてお勧めします。

化膿ニキビ(黄色ニキビ)の漢方

生理前化膿ニキビ画像赤ニキビの炎症が悪化し膿を持った状態のニキビで黄色ニキビとも呼ばれています。
炎症が真皮層にまで達し、ニキビ跡が残りやすい厄介な生理前ニキビです。疼くような痛みや熱感が強いためどうしてもいじりたくなりますが決して潰したりしないようくれぐれも注意して下さい。

写真のニキビ相談の方に河合薬局では排膿散(はいのうさん)を使います。排膿散に配合されている枳実(きじつ)は結熱を散ずる優れた効果があります。排膿散を短期間でも集中的に使うと自然に口が開いて膿が排出されることをしばしば経験します。

前述の十味敗毒湯に排膿散を併せて、炎症が強い時は黄連解毒湯をさらに組み合わせます。

さらに、漢方治療と併せて正しいスキンケアで皮膚を軟らかすれば、自然に速やかに膿が排出されニキビ跡を残さずキレイに治すことが出来ます。

生理前ニキビのストレスが減る美肌作りの漢方

生理前ニキビを悪化させない、美肌作りの漢方についてお届けします。
前述したように女性の生理は出血によってたくさんの熱を体の外に取り出す手段です。そして生理前の女性の体は生理の出血に備えて体に熱を溜め込む時期に入るため皮膚から熱が取り出せず生理前はニキビが悪化しやすいと書きました。

月経前症候群(PMS) 腹痛の漢方ブログ にも書きましたが

漢方には血熱(けつねつ)と呼ぶ考え方があります。血熱とは血液の熱を体外に取り出せず滞った血液と共に体に熱がこもってしまう状態を指します。

血熱、瘀血(おけつ)の改善が美肌作りの決め手

血熱を起こしやすい体質があると、特に生理前には子宮付属器官周辺の血液循環が悪くなり、激しい熱の滞りを起こします。
そのため皮膚から熱を発散できないことと血熱の両方の原因で皮膚の熱の滞りが強くなり生理前ニキビが痛みや熱感を伴う激しい症状になることが考えられます。

下の写真のように血熱が長引き、血液変性を起こすことで瘀血を生じ生理前ニキビの悪化だけでなく、ニキビの色も赤黒くうっ血したニキビやニキビ跡を作るようになります。

赤黒い色のニキビとニキビ跡画像

このような赤黒いニキビ跡の漢方治療はうっ血炎症を治す温清飲(うんせいいん)などをベースにして、生理痛や生理不順、月経血の塊が多い、大きいなど瘀血症状を伴う場合は必ず折衝飲や桂枝茯苓丸などの瘀血を取り去る駆瘀血剤(くおけつざい)を併用すると良いでしょう。

美肌作りへのゴールには、時間は掛かりますが生理前のニキビの悩み解消、さらには美肌作りのためのニキビ跡の治療に必ずつながることと思います。

生理前ニキビの改善と美肌作りの事例

生理前赤ニキビと化膿ニキビ混在の画像河合薬局の生理前ニキビ相談の手順は、まず痛い 痒い 化膿するニキビの漢方治療を優先してご指導します。

事例写真にあるような黄色い膿が全体に及ぶ症状も多いです。
漢方治療の第一段階は、化膿して痛い 痒い シコリを治すための漢方治療で生理前でも悪化の程度が軽く、仮にニキビが出来ても短期間で治り、ニキビ跡を残すような悪性のニキビが出来なくなる肌の状態を目指します。

そして、たとえ生理前にニキビが出来ても前述のように、痛い、かゆみ、シコリニキビが出来にくくなり、これが大切なことですが、硬かった肌が軟らかく弾力のある肌質に変わってくることが重要です。

 

 

ニキビが完全治癒し美肌になった事例写真そうなれば第二段階、素肌美作りのゴールに向けて、生理前ニキビ再発を防ぐ漢方治療と最終目的である美肌作りの手当にシフトして行きます。

写真事例の女性の場合、生理前に出来る痛い・痒い・しこるにきびは3か月経過する頃には出来なくなり、ニキビ治療の漢方薬も不要になりました。

写真下のニキビがほとんどないきれいな素肌になるまでに約1年の期間が必要でした。

生理前ニキビが出来なくなってからは、美肌作りのための漢方と生理不順を治す漢方治療を継続しました。

この時点で女性に処方した漢方薬は桂枝茯苓丸+当帰芍薬散でした。

その後は漢方薬も全く必要なくなり、良い素肌状態を維持できるようになりました。
河合薬局ではにきび治療の漢方薬、素肌美作り、再発予防の体質改善の漢方治療を、症状と経過に応じて、初めのうちは1週間~10日間のサイクルで様子をチェックし、必要に応じて漢方薬を修正しながら、少しでも早く改善が見られるようにご指導することを心掛けています。

さらに、前述したようにニキビで悩む方の大半は、長引くニキビのせいで皮膚が硬く、弾力がありません。河合薬局では体の内側からの漢方体質改善と並行して、早くニキビが治るために、ニキビ跡を残さない素肌作りのために、スキンケアのご指導も併せて行っています。

漢方は生理前の悪性ニキビが治り、ニキビの再発が防げる体質が整えば服用の必要はありません。正しいスキンケアはニキビの再発を防ぎ、きれいな素肌を保つために一生を通じてお続け下さい。

まとめ

生理前ニキビの漢方薬は検索してみると分かりますが、ご紹介した漢方薬以外にもたくさん出てきます。

ここでお伝えしたかったのは、生理前ニキビの漢方治療で大切なことは、目の前の辛い症状を一刻も早く鎮めることは最優先ですが、漢方治療の意義はそれだけでなくニキビの再発を防ぐ体作りが出来ること、さらに最終ゴールである素肌美作りにも役立つこと、さらに体質改善のお陰で、長年の生理痛、便秘や下痢、胃腸虚弱や頭痛の悩みも改善され喜ばれる事例がたくさんあります。

そのためには生理前ニキビの漢方薬を選ぶ時、行き当たりばったりで選ぶのではなく、漢方では生理前に悪化するニキビをどのような体の原因で起こしていると考えているのか、どのような手順で治療するのか、併せて正しいスキンケアをご指導することが大切です。お困り方はご相談下さい。

健康の悩みを解決したい方
 通販やCMで見つけた商品を飲んだけど良くならない
 ネットショップで買って飲んだけど良くならない
 ネットには漢方薬や健康食品が沢山並んでいるけど、合っているのか分からない
 飲み薬や塗り薬に頼りたくない、続けたくない
 一時的に症状を抑えるだけでなく、体質改善をしたい
 漢方を飲んでみたい
 免疫力を高めたい
河合薬局は、このようなご相談を数多くお受けしています。自分自身の自然治癒力を高めて、治療薬に頼らない体作りをご一緒に目指しましょう。
漢方相談 予約ページ
Pocket