ニキビが治らないのは便秘のせい?漢方薬で治すための知識と処方例

Pocket

ニキビと便秘に悩む女性のイメージ画像

ニキビが治らないのは便秘のせい?漢方薬で治すための知識と処方例

あなたはニキビと便秘でお悩みではないでしょうか?ニキビを早くきれいに治すためには便秘を改善することが大切です。腸はあなたの肌を映し出す鏡と言われます。腸内環境が整って腸がきれいな人は見た目の肌も若々しく見えます。ここでは化膿ニキビや赤いニキビ、かゆいニキビを綺麗に治し美肌作りのために便秘を治す漢方薬の知識と処方例をお届けします。あなたのニキビ改善にお役立て下さい。
河合薬局電話相談

漢方の立場からニキビの治し方

漢方ではニキビを湿熱(しつねつ)と呼ぶ熱を帯びた体液が皮膚に滞った状態を治すという考えで治療法を組み立てます。

私たちの体は食べ物を体の中で熱エネルギーに変えて維持しています。したがって体の中にはいつも熱が充満していますが、一方で余分な熱を体の外に取り出してバランスを取っています。

例えば、大便や小便は食べかすや水を取り出しているだけでなく体内の熱を外に取り出す手段です。さらに汗によって皮膚表面から熱を発散させて取り出しています。

便秘がニキビを悪化させるのは熱を取り出す場所が塞がれ体内の熱の滞りが増して湿熱と呼ぶ熱を帯びた体液が増すためにニキビが治らないと漢方では考えているのです。

黄色ニキビの便秘に茵蔯蒿湯

黄色ニキビは化膿ニキビで炎症が悪化し膿を持った状態のニキビです。うずくような痛みや熱感を伴うニキビでニキビ跡になりやすいので注意が必要です。

このようなニキビの便秘には茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)をお試し下さい。便秘で大便が硬い、お小水の色が濃い、も茵蔯蒿湯をお勧めする目安になります。

黄色ニキビを治すために茵蔯蒿湯を単独ではなく十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)を併せて飲むことをお勧めします。

さらに、化膿が強いニキビの場合は
ニキビの化膿を治す漢方薬の一番お勧めは十味敗毒湯?排膿散及湯? を参照して下さい

写真 化膿ニキビ(黄色ニキビ)の例

化膿ニキビで赤ニキビの炎症が悪化し膿を持った状態のニキビで黄色ニキビとも呼ばれています。炎症が真皮層にまで達し、ニキビ跡が残りやすい厄介なニキビです。うずくような痛みや熱感が強いためどうしてもいじりたくなりますが決して潰したりしないようくれぐれも注意して下さい。

冷えの便秘とは 漢方の考え方

漢方では、冷えと言っても温度が低いという意味ではなく働きが悪いという意味です。

漢方では胃の働きと腸の働きの釣り合いが大切だと考えています。胃腸の働きが良い状態とは、胃>腸(胃の働きが腸の働きより強い)が正常です。

冷えの便秘とは胃の働きが腸の働きより弱く胃から腸に送ることが出来ずに不消化物が滞り、腸の働きも悪いために便が出ない状態です。

冷えの便秘に桂枝加芍薬湯

若い女性でニキビが治り難く便秘の悩みをお持ちの方に多いのが冷えの便秘です。

このタイプの方には、お腹が張る、おへその周りが硬い、痩せ型などの症状がある筈です。冷えの便秘の方は大便が出ないからといって下剤で下してはいけません。

余計に胃腸の働きを悪くしてしまうからです。冷えの便秘にお勧めしたいのは腸の働きを高める桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)です。さらに冷えが強い時に河合薬局では大建中湯(だいけんちゅうとう)をお勧めします。

大便の硬さ出方は応鐘散で調節

前述のとおり冷えの便秘でニキビが治り難い方は下剤を飲むとさらに胃腸機能が悪くなり便秘が悪化したり、胃腸を損ねる心配がありますから注意が必要です。

桂枝加芍薬湯だけで大便が硬く出難い場合は応鐘散(おうしょうさん)を量を加減しながら併せてお勧めします。応鐘散は血液の流れの滞りを押し流し血流を良くする川芎(せんきゅう)と大黄(だいおう)が配合された漢方薬の便秘薬です。

ニキビ治療は2本立て

ニキビを早くきれいに治すためには便秘を改善することが大切です。

便秘の改善とは単に下剤で便を出すことではありません。漢方で便秘を改善する意義は便秘薬に頼らなくても自力で便が出るようになる体作り、さらに胃腸の働きを整えてニキビが早く綺麗に治る体作りを目指すことです。

そのためにはニキビの化膿や炎症を治しニキビが出来にくくなる漢方治療と、便秘体質を治す体質改善の漢方薬を併用する2本立ての治療法が大切です。

化膿して痛いニキビ、赤くかゆいニキビ、症状に応じたニキビの漢方薬については
ニキビの漢方薬 を参照して下さい

ニキビが治癒して美肌になれた私の治療体験写真

化膿ニキビ治療前と治癒後の写真私のニキビ治療体験を悩んでいる人達に教えて上げたい。ご本人のご好意で河合薬局漢方治療とスキンケア体験談です。

ニキビ治療体験事例の掲載ブログはこちらをご覧下さい

男性ニキビ 治療体験写真

男性ニキビ治療経過写真今年から就職ですが、これで肌を気にせず仕事に打ち込めます。私のニキビ治療体験を悩んでいる人達に教えて上げたい。

男性ニキビ治療体験事例の掲載ブログはこちらをご覧下さい

まとめ

ニキビを早くきれいに治すためには便秘の改善が大切で便秘を改善するための漢方薬は検索すると数多く出てきます。

ここでお伝えしたのは特に若い女性でニキビに悩んでいる方に多いタイプの便秘で、漢方で太陰病(たいいんびょう)と呼ぶ便秘の治し方です。

ニキビと便秘の両方を治す漢方薬はほかにもたくさんありますので別の機会にお届けいたします。ニキビの漢方相談をご希望の方はお気軽にご相談下さい。

ニキビ 無料メール相談

お悩み解決のアドバイスを差し上げます!
専門薬剤師の無料メール相談

漢方を試してみたいけど、何処に相談すればよいかお悩みのあなたへ。症状・経過・体質チェックに記入して送信すれば、ブログの執筆者 薬剤師 河合展之が悩み解決のアドバイスをメールで差し上げます。お送りしたアドバイスをご覧頂き、『河合薬局を信頼して相談してみよう』と思って頂けたら、本格的にご相談下さい。河合薬局との出会いがあなたの人生にとってプラスになることを願っております。

あなたの体質を正確に把握するため、以下の項目に出来るだけ詳しくお答え下さい


以下の項目は該当する箇所にチェックを入れて下さい
体格
筋肉質肥満体脂肪太り水太り中肉痩せ型
体質
丈夫普通弱いアレルギー体質疲れやすい冷え性汗かきのぼせ症寒がり暑がり
性質
短気怒りやすい楽天的気長気が弱い涙もろい神経質
全身
不眠症精神不安熱っぽい寒気疲れやすい寝汗夢を見る憂うつ記憶力減退落ち着きがない
嗜好品
冷たいもの辛いもの酸のもの塩からいもの甘いもの油もの野菜果物タバココーヒー飲み物
顔色
赤黒い赤い頬赤青黒い黄黒いむくみツヤがないシミ
皮膚
炎症ざらざら分泌物いたいかゆい落屑化膿蕁麻疹
大便
毎日2日に1度3日に1度4日以上便秘多い少ない出難い血便硬いコロコロ軟便下痢しやすい下痢便秘繰り返す痔がある
小便
日中3回未満日中3~4回日中5~6回日中7回以上夜間に行く血尿タンパク尿糖尿残尿感排尿痛
口・舌・咽喉
舌が乾いている舌が湿っている舌苔がある口が苦い口が乾くガブガブ飲みたい口臭声がれ唾液が多いのどがつかえる

食欲がない胃がつかえる胸焼け胃が痛む胃が重い胃がチャプチャプする吐き気ゲップ

腹痛 おへそ回り腹痛 下腹腹痛 横腹腹がゴロゴロ鳴るガスが溜まる腹が張る腹が冷える

冷える温かい湿っている乾いている手がほてる痛む関節痛こわばる腫れるしびれるふるえる
足・腰
足がほてる腰が冷える足が冷える腰が痛む足が痛む関節痛足がこわばる足がしびれる足がふるえる脚弱
婦人科
生理が遅れる生理が早まる生理が多い生理が少ない塊が多い生理痛が強い不正出血流産しやすい不妊症


【ご注意】河合薬局から自動返信メールが届かない場合はメールアドレスの記入に誤りがあります。
お手数ですがメールアドレスを再送信して下さい。
年齢  歳

身長  cm

体重  kg

性別 男性女性


同意して送信する 

Pocket

相談ご希望の方へ