金匱要略 胸痺心痛短気病脈証治 第九

Pocket

胸痺心痛短気病脈証治 第九

上焦に陽気乏しく下焦に陰実し胃気下らず肺循環が鬱滞した証 心臓循環不良

…胸痺心痛
1条 師曰く夫れ脈は太過不及をとるべし、陽微陰弦なるは即ち胸痺し而して痛む、然る所以の者はその極虚を責むるなり、今陽虚上焦に在るを知る、胸痺心痛する所以の者はその陰弦を以ての故なり。

脈をとるときは太過の所と不及の所とを審らかに知りそれに拠って病因を求めて治法を辨じなければならない、即ち肺痿にも寸脈微(陽気不及)は現れるが尺脉が弦(陰気大過)の時は胸痺…胸内が締め付けられる様に息苦しくその上胸痛がある、その場合著しく虚しているところが病気の本である、今寸脈微であるから上焦に陽虚著しく下焦に陽気巡らず、胸痺心痛するのは尺脉の弦即ち下焦に陰気実し巡らない為に上焦では肺循環が乏しく血虚血熱する為に胸痺心痛を起こすのである。(胸痺心痛の病理、肺痿も同じく陽気微であるが胸痺は下焦に陰気鬱滞して上焦に血流滞り胸膈に血虚血熱し胸痺心痛する)

2条 平人寒熱無く短気し以て息するに足らざるものは実なり。

健康そうに見える人が寒熱の証も無く息が切れて呼吸困難がある場合は肺循環の鬱滞があり肺気実して伸びないのである。
(陽気虚) 短気(息切れ)

3条 胸痺の病、喘息、咳唾して胸背痛し短気し寸口の脈沈而して遅、関上小緊数なるは栝楼薤白白酒湯これを主どる。

栝楼薤白白酒湯の方

栝楼実 苦寒 虚熱を冷まし陰を潤す 薤白 辛温 肺気の滞を散 ずる 白酒
辛温 酒を三分二に薄める
右三味同じく煮て二升を取り分かち温め再服す。

胸痺の病で肺気が衰えゼーゼーがあり咳をして唾を吐き咳をすると胸から背にかけて痛み呼吸促迫がある、胸痺で寸脈は沈んで遅(微にして拍動が弱い)…上焦に陽気乏しく肺気滞る、関脈は小緊数(脾寒し胃気塞がる)の場合、即ち胃気乏しく陽気巡らず肺気滞って喘息咳唾胸肺痛短気するのである、脾胃弱く裏気滞り胃気下らず上焦に津液巡らず胸中に熱の鬱滞を生じ胸痺心痛する者で虚熱を去り陽気を通じる、樓薤白白酒湯の主治である(寸脈沈而遅は虚脈で微弱と解さねば同一脈に遅数相反する二脈が現れる事になる)。…陽微下焦寒の胸痺、陰気を巡らし陽気を援け肺を潤し肺気の鬱を散ずる。

4条 胸痺、臥するを得ず心痛背に徹する者は栝楼薤白半夏湯これを主どる。

栝楼薤白半夏湯方

栝楼実5 薤白3 半夏5 白酒2合
右四味同じく煮て四升を取り一升を温服す。日に三服す。

胸痺で呼吸困難が激しく横臥出来ず心痛が背中に突き抜ける様な場合は胃気上逆し更に胸痺は劇しい、半夏を加味し胃の湿を去り逆を止める、栝楼薤白半夏湯の主治である。 …胃気逆し胸痛劇しい、胃気虚が加わる

5条 胸痺、心中痞し留気結して胸に在り胸満し脅下より心を逆搶するは枳実薤白桂枝湯これを主どる。人参湯亦これを主どる。
…逆槍に虚(右下より左上)実(左下より右上)がある。

枳実薤白桂枝湯の方  胃気結し表気巡らず肺の熱鬱滞甚だし…実熱の鬱滞

枳実 …苦寒 2.8 熱結んで塞ぐを通ずる 厚朴4 苦温 内に鬱した熱を散らす 薤白8  桂枝 一両 栝楼実5
右五味水五升を以て先ず枳実厚朴を煮て二升を取り滓を去り諸薬を内れ煮て数沸し分ち温め三服す。

人参湯の方   脾気滞り裏気通ぜず陽気乏しく肺に熱が鬱滞する

人参 甘微温3 脾陰を補ない裏気を援ける 栄血を増す 甘草 甘平3 津液を通じ攣急を緩める 乾姜3 辛温 中焦を温める 白朮 3 苦温 胃の湿を除き陽気を行らす
右四味水八升を以て煮て三升を取り一升を温服す、日に三服す。

胸痺でみぞおちの上に痞えが在り胸中にゲップがこもった感じで胸が一杯に張満し胸脅部から心臓部に突き上げる痛みがある、胸痺心痛に虚実があり胃中に熱結し…心下痛、胃気が塞がる為の胸痺は枳実薤白桂枝湯の主治である、脾虚し心下痞鞕し胃気が巡らないために胸痺心痛を起こす場合は人参湯の主治である。…口中乾くと湿で寒熱を弁別

枳実薤白桂枝湯、人参湯(脅下逆槍)橘枳姜湯(実、胃気結短気)茯苓杏仁甘草湯(脾虚胸痺)
桂枝生姜枳実湯(諸逆し心懸痛)…痛みは肺熱の強弱

…胸痺短気し胸痛はない。(肺循環鬱滞に因る肺燥は無い)
6条 胸痺、胸中気塞がり短気するは茯苓杏仁甘草湯これを主どる、橘枳薑湯亦これを主どる

茯苓杏仁甘草湯の方  脾気巡らず肺に熱が鬱滞

茯苓3 甘平 脾陽を補ない腎を援ける 杏仁2 甘温 粘膜の炎症性の浮腫みを去り熱を除く 甘草1.0
右三味水一斗を以て煮て五升を取り一升を温服す日に三服す差えざれば更に服す。
橘皮枳実生姜湯の方  胃気結し肺に熱が鬱滞

橘皮 辛温16.0 理気燥湿嘔吐嘔逆噦に用いる 枳実3.0 生姜8.0

右三味水五升ををもって煮て二升を取り分ち温め再服す。

胸痺「脈陽微陰弦で息苦しい」で胸中一杯に息を吸い込んで膨らんだ儘呼吸しているように呼吸が短く促迫する場合は肺気伸びないのであり虚実がある、即ち胃気不足し水滞して裏気塞がる場合は(夜更けに劇し)茯苓杏仁甘草湯の主治であり、胃に熱結し胃気降らない為に胸痺する場合は熱結を去り裏気を通じる橘皮枳実生姜湯の主治である。

7条 胸痺緩急する者は薏苡附子散これを主どる。

薏苡附子散の方

薏苡仁 甘微寒15.0 表裏の湿を去り熱を除く 大附子 辛温3.0 腎の元陽を回復する
右二味杵きて散と為し方寸匕を服す、日に三服す。

胸痺で呼吸緩急し絶えんとする急症の場合は元陽を補い経脈を通じ瘀水を払い表裏の塞がりを除く、薏苡附子散の主治である。
…下焦に寒劇しく表気衰え胸膈に熱滞る。桂枝甘草湯太陽中34条参照

8条 心中痞し諸逆し心懸痛するは桂枝生姜枳実湯これを主どる。

桂枝生姜枳実湯の方
桂枝3(31.5%) 生姜3 枳実3.5
右三味水六升を以て煮て三升を取り分ち温め三服す。

胸が痞え上逆、咳、噦、吐逆、嘔逆など逆気の証が見られ心臓部に引っ張られる様な痛みが有る場合は衛気衰えて胸膈に熱が鬱滞して心懸痛し胃気結して裏気逆するのである、桂枝生姜枳実湯の主治である。…逆気を伴う心懸痛

…胸痺なく心痛
9条 心痛背に徹し背痛心に徹するは烏頭赤石脂丸これを主どる。下焦寒の心痛

赤石脂丸の方

蜀椒 辛温 腹中を温める 烏頭 辛温 附子に比べ深部の痛み 附子 乾姜 赤石脂甘平 肉芽の形成作用、濇陽
右五味これを末にし蜜で丸し梧子大の如くし食に先立ち一丸を服す日に三服す知らざれば梢や加えて服す。
…五蔵風寒9条(心中寒)

心臓部の痛みが背中に突き通す様であり背中の痛みが心臓部に及ぶ様でもある、これは裏寒甚だしく少陰の胸痛であり烏頭赤石脂丸の主治である。

附方
10条 九痛丸は九種の心痛を治す。…中焦寒積する心痛

九痛丸方

附子 生狼芽 苦寒 収斂性あり熱を除き爛れを治す 巴豆 辛温 寒積 人参
乾姜 呉茱萸 辛温 蜀椒に似るが上衝を静める 脾寒を去り脾胃を通じる
右六味これを末にし蜜に練り丸して梧子大の如くし酒下す、強人は三丸初服し日に三服す、弱者は二丸す。

兼ねて卒中悪にて、腹張満し、言する能わざるを治す、又連年の積冷流注し心胸痛す るを治し并せて冷衝上気、落馬墜車の血疾等を治し皆これを主どる、口を忌むは常法の如し。

九痛丸は九種類即ち多般の心痛に用いる、兼ねて急性中毒で腹が張り痛み口もきけないという者を治する、又長年の冷えが積もって体内を流れ冷えが原因で心臓部や胸が痛んだり、冷気の上衝、落馬墜車の血疾による心胸痛など総て治する「崖から墜落し外傷なく意識不明の者に備急円を用いた例が皇漢医学に収載」薬を飲ませることが出来ない者には常法どおりにすればよい。
…脾胃通ぜず裏気不通

【引用・転載の際は河合薬局までご連絡願います】

Pocket

相談ご希望の方へ