男性更年期に漢方薬。八味地黄丸と貴禄宝の勧め

Pocket

男性更年期で辛い症状の男性画像

男性更年期に漢方薬。八味地黄丸と貴禄宝の勧め

男性更年期は、緩やかな男性ホルモンの分泌低下がみられる時、社会生活や私生活において最も多くのストレスを受ける時、第二の人生の始まりの時、そんな時に見舞われる男の不定愁訴と呼ばれるのが男性更年期障害です。
河合薬局電話相談

男性更年期障害の自覚症状トップ10

聖マリアンナ医科大学の男性更年期外来の受診者143人の更年期症状のトップ10を表しています。いずれの症状も、それらが心身の疲労の表れと捉えられてきた過去がうなづける気がします

集中力の低下 44.3%
無気力 43.8%
不眠 37.6%
不安感 30.9%
性欲低下 21.6%
頭のモヤモヤ 21.1%
頭が重い 20.1%
イライラ 19.6%
発汗 18.0%
ED 18.0%

男性更年期障害の代表 八味地黄丸

男性更年期障害に使われる漢方薬は数多くありますが、最も代表的な漢方薬は八味地黄丸です。八味地黄丸の効能や効果には男性更年期障害の症状で
・下半身の脱力感、性欲の減退などの生殖機能の衰え
・気力・精力の減退
・冷え、しびれ
男性更年期障害以外では
・頻尿・夜間頻尿
・排尿困難
・前立腺肥大症
・腰痛
・坐骨神経痛
・かすみ目

などの記載があります。これらの症状を目安に使ってもよいのですが、専門家の立場から八味地黄丸の処方の意味を掘り下げるとこうなります。

男性更年期とは=労 漢方の考え方

漢方では男性更年期に現れるこれらの症状を改善するために「労=ろう」という考え方で治療法を組み立てます。労には2つのタイプがあり、一つは血液中の水分が不足することによる体液代謝不全と、体液代謝不全に胃腸機能の低下が加わって熱が滞ってしまう労があります。
参照 河合斎の血痺虚労病脈証并治第六 解説3条

さらに、
虚労、腰痛し少腹拘急して小便不利の者は八味腎気丸これを主どる。

虚労の病証で腰痛、少腹拘急、小便不利を伴う者は下焦に寒有り腎気虚する者で腎水巡らない為に虚労を生じたもので下焦の寒を去り血を滋し血熱を和す、八味腎気丸(八味地黄丸)の主治である。
※血液浸透圧が低下し組織、組織間に水が停滞し血中に体液が乏しく血熱。下焦瘀血性の腎虚血熱
血痺虚労病脈証并治第六 解説15条

解説から分かるように八味地黄丸がよく効くのは、労という病証の為、血液体液循環が低下して腎気が衰え、瘀血性の腎虚血熱を起こし、そのために腰痛、下腹部の引き攣れ、小便が出ないなどの症状を起こしている時です。

さらに、八味地黄丸は男性が若さを保つ妙薬です。老化に伴って現れる血液体液循環の低下、下腹部に瘀血を作らないための予防薬として私自身は20年以上も前から毎日愛用しています。

もう一つのお勧め 貴禄宝S(きろくほう)

河合薬局では、八味地黄丸と併せて飲むと効果的な男性更年期障害の改善におススメの漢方薬がもう一つあります。それが貴禄宝S(きろくほう)です。

貴禄宝は、亀鹿二仙膠をもとにした処方です。亀鹿二仙膠の成分は亀板と鹿角、枸杞子と人参です。亀板は亀の甲羅で「腎」の「陰」を補います。「腎」は生命力や生殖力と関係する臓であり、「陰」は潤い冷ますものです。

一方で鹿角は鹿の角であり、「腎」の「陽」を補います。「陽」は温めて活力を生むものです。この二つは言うなれば相反する作用を持つものですが、人間の体の中で欠かすことのできない「陰」と「陽」を同時に補うことが「精」を強くするために必要と考えるのです。

亀の甲羅や鹿の角と聞くと一歩引いてしまうイメージがあるかもしれませんが、このような動物性の生薬は、植物性の生薬に比べ、力強さを持っているとされます。より強く「精」を補う場合には「亀鹿二仙膠」は非常に有用な処方となるわけです。

男性更年期の悩み解決の一助として八味地黄丸+貴禄宝Sをお試し下さい。

相談例 50代男性 夜間のトイレ

夜中に3回も4回もトイレに起きる。健康診断でクレアチニンが上限ギリギリと言わて腎臓の機能が心配。すぐに疲れてなかなか疲れが抜けない、という健康の悩み相談の男性です。今回のブログでもご紹介した八味地黄丸と貴禄宝を朝晩飲むようにお勧めしました。

半月後
夜中に起きる回数が半分くらいに減ってよく眠れるようになった、と喜ばれる。

2か月後
夜中のトイレに起きることがなくなった。起きても1回。疲れが溜まらなくなった気がする。

3か月後
健康診断で腎機能の数値が正常範囲になったと喜ばれる。

5か月後
初めの頃に訴えていた夜中のトイレの悩み、疲労感の悩みが気にならなくなってきた。今まで1日2回の服用を1日1回に減らして続けて頂くようお勧めした。八味地黄丸と貴禄宝は男性の病気予防、老化予防の妙薬。健康維持に続けるようにお勧めしたいと申し上げた。

まとめ

今回ご紹介したのはあくまでも基本処方で、男性更年期障害に使う漢方薬は検索してみると分かりますが、ご紹介した薬以外にもたくさん出てきます。
ここでお伝えしたかった大切なことは、男性更年期の漢方薬を選ぶ時、漢方では男性更年期障害の症状をどのような体の原因で起こしていると考えているのか、病人の症状の虚実、長引く症状では瘀血の手当ても考慮することが大切です。

さらに、男性更年期障害では自律神経の不調和が多く見られます。河合薬局では自律神経を整えるレム(LEM=シイタケ菌糸体培養培地抽出物)を併用して喜ばれることが多くあります。お困りの方は一度ご相談下さい。

男性の漢方 無料メール相談

お悩み解決のアドバイスを差し上げます!
専門薬剤師の無料メール相談

漢方を試してみたいけど、何処に相談すればよいかお悩みのあなたへ。症状・経過・体質チェックに記入して送信すれば、ブログの執筆者 薬剤師 河合展之が悩み解決のアドバイスをメールで差し上げます。お送りしたアドバイスをご覧頂き、『河合薬局を信頼して相談してみよう』と思って頂けたら、本格的にご相談下さい。河合薬局との出会いがあなたの人生にとってプラスになることを願っております。

あなたの体質を正確に把握するため、以下の項目に出来るだけ詳しくお答え下さい


以下の項目は該当する箇所にチェックを入れて下さい
体格
筋肉質肥満体脂肪太り水太り中肉痩せ型
体質
丈夫普通弱いアレルギー体質疲れやすい冷え性汗かきのぼせ症寒がり暑がり
性質
短気怒りやすい楽天的気長気が弱い涙もろい神経質
全身
不眠症精神不安熱っぽい寒気疲れやすい寝汗夢を見る憂うつ記憶力減退落ち着きがない
嗜好品
冷たいもの辛いもの酸のもの塩からいもの甘いもの油もの野菜果物タバココーヒー飲み物
顔色
赤黒い赤い頬赤青黒い黄黒いむくみツヤがないシミ
皮膚
炎症ざらざら分泌物いたいかゆい落屑化膿蕁麻疹
血圧
高い普通低い
大便
毎日2日に1度3日に1度4日以上便秘多い少ない出難い血便硬いコロコロ軟便下痢しやすい下痢便秘繰り返す痔がある
小便
日中3回未満日中3~4回日中5~6回日中7回以上夜間に行く血尿タンパク尿糖尿残尿感排尿痛

頭痛頭重のぼせめまい頭汗脱毛症フケ症薄毛

充血痛い黄色い青いまぶしい視力減退涙が出やすい瞼が重い目が疲れる眼の縁が黒い
耳・鼻
耳鳴り耳だれ難聴鼻血臭いが分からない鼻が臭う緑色の鼻汁黄色の鼻汁粘い鼻水水鼻クシャミ鼻づまり
口・舌・咽喉
舌が乾いている舌が湿っている舌苔がある口が苦い口が乾くガブガブ飲みたい口臭声がれ唾液が多いのどがつかえる
咳・痰
軽い咳ひどい咳粘い痰薄い痰血痰痰が多いゼーゼー
首・肩・背
首が凝る肩が凝る背中が凝る
胸・脇
胸・脇の圧迫感胸苦しいしゃっくり息苦しい動悸息切れ

食欲がない胃がつかえる胸焼け胃が痛む胃が重い胃がチャプチャプする吐き気ゲップ

腹痛 おへそ回り腹痛 下腹腹痛 横腹腹がゴロゴロ鳴るガスが溜まる腹が張る腹が冷える

冷える温かい湿っている乾いている手がほてる痛む関節痛こわばる腫れるしびれるふるえる
足・腰
足がほてる腰が冷える足が冷える腰が痛む足が痛む関節痛足がこわばる足がしびれる足がふるえる脚弱


【ご注意】河合薬局から自動返信メールが届かない場合はメールアドレスの記入に誤りがあります。
お手数ですがメールアドレスを再送信して下さい。

年齢  歳

身長  cm

体重  kg

性別 男性女性


同意して送信する 

Pocket