腸内細菌の知識

Pocket

意外に知らない腸内細菌のこと

私たちの腸に棲んでいる腸内細菌は、重さで2㎏、数で100兆個、種類で1,000種類と言われています。腸内細菌は主人である人間と共生関係にあります。

腸内細菌は食べ物から得た栄養分を餌として発酵増殖しさまざまな代謝産物を作り出しています。健康に欠かせないビタミン類や体を守る免疫、メンタルに大切なホルモンも腸内細菌が作り出しているのです。

腸内細菌のバランス

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分類されます。腸内細菌の理想のバランスは、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7と言われています。

ところが、悪い食習慣や生活習慣によって腸内環境が悪化すると悪玉菌が優勢の腸内環境に変わってしまい善玉菌1、悪玉菌2、日和見菌7と比率が逆転してしまいます。

なかでも厄介なのが日和見菌です。日和見菌は良い腸内環境の時は善玉菌を手伝って私たちの体に有益な物質を作り出しますが、逆に悪い腸内環境で悪玉菌が優勢になると悪玉菌を手伝って腐敗物質を作ってしまうのです。

腸活の目的は短鎖脂肪酸

今やブームになっている腸活ですが、腸活の最大の目的は善玉菌に良い仕事をして貰い短鎖脂肪酸を応援することです。短鎖脂肪酸とは、多種類の善玉菌が餌となる水溶性食物繊維やオリゴ糖を食べて作り出す代謝産物のことです。

短鎖脂肪酸は自分で作れる最強の万能薬

短鎖脂肪酸は自分で作ることが出来る最強の万能薬と呼ばれるようにたくさんの優れた働きをしてくれます。

・便秘、下痢お腹のトラブルが改善
・肌のコンディションがよくなる
・体に必要なビタミンを作ってくれる
・腸の免疫細胞が活性化して、免疫力が高まる
・腸から体内への有害物質の侵入を防ぐ
・腸の炎症を予防し、全身への炎症の広がりを防ぐ
・セロトニンをはじめ大切なホルモンの分泌を促す
・肥満を防ぐ
・がんを予防する

 

 

 

 

 リーキーガット <<   >> 短鎖脂肪酸とは

 

 

 

Pocket