リーキーガット

Pocket

漏れやすい腸=リーキーガット症候群

漏れやすい腸=リーキーガット症候群とは?
腸は栄養の取り入れ口の働きの他に毒素や有害物質、腸内細菌が体内に侵入するのを防ぐためバリア機能を持っています。このバリア機能が低下して本来腸から体内に侵入しないはずの未消化物や老廃物、微生物成分などが体内に漏れ出す状態を漏れやすい腸=リーキーガットと呼びます。これらの物質が血流に入ることで体のさまざまな部位に運ばれ、炎症を引き起こし、自己免疫疾患やアレルギー、感染症など多くの病気に関わっていると考えられています。

体内に漏れ出した物質が病気の引き金になることをリーキーガット症候群といいます。リーキーガットの原因は、生活習慣の乱れや過度の飲酒、慢性的なストレス、炎症性腸疾患や2型糖尿病などの疾病、手術や化学療法など多くの要因が考えられています。

リーキーガット症候群に関係して起こるおもな症状は、腹痛、下痢、便秘、お腹のはり、消化不良、原因不明の熱、筋肉痛、関節痛、胸やけ、息切れ、吐き気、抜け毛、不眠症、記憶力低下、集中力低下、不安感、疲労感、口臭、神経過敏、食欲不振、ニキビ、じんましん、喘息、アトピー性皮膚炎、クローン病、過敏性腸症候群、自己免疫疾患などが知られています。

リーキーガットの予防には腸活によって善玉菌である腸内細菌を活発にして短鎖脂肪酸を増やすことが重要です。

 

腸脳相関 <<   >> 腸内細菌の知識

 

Pocket