短鎖脂肪酸 応援の費用とイメージ

Pocket

コース別の費用と取り組み方

60日の集中期間 Maxコース

短鎖脂肪酸の応援をMaxで取り組むための60日集中期間のイメージ図です。
今、あなたの体がバスタブだとイメージして下さい。蛇口をいっぱいにひねり勢いよく腸内細菌が喜ぶ22種類の水溶性食物繊維、21種類の乳酸菌、不熱抽出のEPA,DHAをMaxで体に摂り入れます。

Maxコースとは、60日間は22種類の水溶性食物繊維、21種類の乳酸菌、不熱抽出のEPA,DHAの3種類を1日3回、毎日お飲み頂くことです。この場合、1か月の予算は、4万9千円~5万9千円となります。

60日後からの予算

集中期間後も継続して取り組みたい方には、ご予算に合わせて22種類の水溶性食物繊維、21種類の乳酸菌、不熱抽出のEPA,DHAの3種類の飲む量を3タイプに分けてお勧めしています。

1、そのままMaxを継続する
2、1日1回の1/3の量に減らす
3、1日2回2/3の量で継続する

飲む量を減らしてしまったら元に戻るのでは?ご安心下さい。後戻りしないよう集中期間を作って短鎖脂肪酸をどんどん増やしたのですから、1~3のいずれをお選び頂いても心配いりません。

ご予算に合わせたその他のコース

FASTコース

少し予算を抑えながら出来るだけ短期間で現状を変えて短鎖脂肪酸を応援する。

22種類の水溶性食物繊維、21種類の乳酸菌、不熱抽出のEPA,DHAの3種類を1日2回、毎日お飲み頂きます。この場合、1か月の予算は、3万9312円になります。

SLOWコース

出来るだけ予算を抑えながら継続してシンバイオティクスに取り組み短鎖脂肪酸を応援する。

肉や脂中心から魚中心のメニューに変えて頂き、22種類の水溶性食物繊維、21種類の乳酸菌の2種類を1日2回、毎日お飲み頂きます。この場合、1か月の予算は、2万7435円になります。

MIN.コース

出来る限り予算を抑えながらプレバイオティクスと酪酸菌で短鎖脂肪酸を応援する。

肉や脂中心から魚中心のメニューに変えて頂き、22種類の水溶性食物繊維、酪酸菌の2種類を1日2回、毎日お飲み頂きます。この場合、1か月の予算は、1万8802円になります。

さらに低予算で取り組みたい方はご相談下さい

 

<< 短鎖脂肪酸を応援する集中期間  8/8  腸活ダイエット相談の流れ

 

 

Pocket