短鎖脂肪酸を応援する集中期間

Pocket

集中期間を作るのがベスト

腸活の成果が表れるまでの期間には個人差があります。もともと悪玉菌が優勢な腸内環境の悪い方が生活習慣や食習慣を変えた場合、短期間で効果を実感できるかもしれません。逆にもともと善玉菌が優勢な腸内環境の方は効果を実感できるまでに少し時間が必要かもしれません。現状が変わって来たと感じられるまでに2週間位の方もいれば、1か月~2か月位必要な方もいます。

腸内環境は自分の目で見てチェックすることができないため、腸に良い生活や食事を続けても、「効果が実感できない」と感じるかもしれません。そこで、河合薬局の漢方ダイエットでは短鎖脂肪酸を応援する集中期間を作ることをお勧めしています。

デブ菌VSヤセ菌の腸内バトル

痩せられないと悩んでいるあなたの腸には「デブ菌」が棲みついています。私たちの腸には1,000種類、100兆個もの腸内細菌がいますが、その中に私たちを太らせる「デブ菌」のいることが分かっています。デブ菌が腸内で優勢になると「少しの食べ物から大量のエネルギーを吸収する体」になってしまい使い切れないエネルギーは脂肪に変わり太るのです。

一方で私たちの腸には「ヤセ菌」も棲んでいます。このヤセ菌は痩せるために大切な短鎖脂肪酸を作り出してくれるのです。デブ菌とヤセ菌は一方が増えるともう一方は劣勢になる関係で、日々勢力争いを繰り広げているのです。

60日間の集中期間で太り難い腸へ

河合薬局の腸活ダイエットでお勧めする「短鎖脂肪酸」の集中期間は60日間です。それには理由があります。

短鎖脂肪酸の応援プログラムを2週間位続けると腸の中では菌交代が起こり始めます。デブ菌優勢の腸内環境がヤセ菌優勢の腸に変わってくるのです。30日を過ぎる頃からはヤセ菌優勢の腸が定着してきます。60日を過ぎる頃には少々食べ過ぎても太りにくい腸に変わってくることでしょう。

60日間で目標体重まで減らすことは達成できないかもしれませんが、今の現状を変えるために60日間の集中期間を作ることをお勧めします。

腸活による自覚症状の変化

腸活プログラムを続けて短鎖脂肪酸が増えてくると自覚症状に良い変化が表れてきます。

1、便の調子・体調が変わってくる
腸活を続けていると、便の様子やおならに変化が表れてきます。特に大便やおならが臭わなくなります。また朝の目覚めが良くなるなど、体調が良くなった効果を感じる方多いようです。個人差がありますが、2週間ほどで腸内環境が改善された効果を感じる方が多いようです。

2、体型の変化を感じることも
腸内環境が改善された影響でぽっこりお腹がへこむなど体型の変化を感じる方もいます。下腹ぽっこりが気になる人には嬉しい変化です。

 

<< 短鎖脂肪酸の活性化  7/8  短鎖脂肪酸 応援の費用とイメージ >>

 

 

Pocket